topimage

第44回全国育樹祭の報告 -  2021.10.19 Tue

◆第44回全国育樹祭の報告

木育ファミリーは、令和3年10月10日に開催された全国育樹祭に参加しました。
北海きたえーる会場にて開催された式典のオープニングアトラクションには、木育ファミリー顧問の煙山泰子氏が登壇し、森崎博之氏と木育をテーマに対談をしました。ファミリーのシンボルとも言うべき「木のタマゴ」が紹介され、その手ざわりに森崎氏も好感を持たれたようでした。

20211001.jpg
20211002.jpg

一方、木育ファミリーは会場に併設された『おもてなし広場』に出展し、「木育は心の森づくり」と題したパネルや制作物の展示に合わせて、削り馬によるグリーンウッドワークの実演を行いました。
参加スタッフは、熊尾さん、酒井さん、齊藤(香)、そして式典後に齊藤(文)さんです。

20211003.jpg
20211004.jpg

展示は好評で、式典招待者や、緑の少年団の少年少女、北森カレッジの学生、おもてなし広場のスタッフなど、たくさんの人達が訪れてくださいました。
特に削り馬ツリーの実演では、しばしば見学者の人垣ができるほど。子供たちの「すごい!」という歓声や、大人の見学者からは、珍しいものを見せてもらいましたという感想を頂きました。

20211005.jpg
20211006.jpg

式典でアイヌ舞踊を披露されたというアイヌ装束の男性は、ツリーとアイヌの祭祀に使われる『イナウ』との類似性について話され、イナウの作り方や材、刃物について説明してくださいました。また他の男性は、北方圏には類似の文化が散見されること、海外研修で同様の細工を施されたフワフワのヒツジの飾りを見た、と話しておられました。
鈴木直道知事は式典終了後、おもてなし広場に来られた際、ファミリーのブースを訪れてくださり、展示されていた2m50㎝のツリーをご覧になった後、実演していたスタッフに声を掛けられ、自ら削り馬に跨られました。ドローナイフを試されたあと、スタッフ一同記念撮影となりました。

20211007.jpg
20211008.jpg

「木のたまご」はブース内で展示販売していましたが、式典で紹介があったこともあって、多くの人が関心を持ったようです。スタッフは、そういう人たちに声をかけて、出来るだけ手にとるように勧めました。「いいんですか?」と言いながらタマゴに触れた人たちが、樹種によって色や重さによる違い、何よりもその手触りに「うわー、気持ち良い!」と、感動していました。

当日、秋篠宮皇嗣殿下の御臨席は叶いませんでしたが、ビデオメッセージによりお言葉を賜りました。その中に、『木育』というお言葉があったのです。
木育ファミリーの会員の総意である、木育の今後のさらなる発展を願っています。



その木育は、誰が求めていますか? -  2021.10.19 Tue

木育異端児の天声樹語(3)

木育イベントに限らず
環境系のイベントで、たまに見られるのが
行政の実績作りや
起業のイメージアップに利用された
薄っぺらな内容のもの。

イベントをすること自体が目的になっており
相手が何のために参加するのかを
深く考えていない。

主催は無自覚に
『 良いことをしているのだから、
やる事に意味があるのだ! 』
というような、
考えを持っているのかもしれない。

このような
≪ 環境意識の押し付けイベント ≫は
参観者には、物足りなさ
現場スタッフには、虚しさを
感じさせる。

これは
木育マイスター主催の
イベントでも例外ではなく
本人に自覚がないことすらある。

なぜ
≪ 環境イベントの空虚感現象 ≫が
起きるのだろうか?

それは
商品(モノ、体験、講座など)づくりの
知識が無いことが問題であると感じている。

202110ws01.jpeg

わたしは、個人向けに
講座やセラピーをしていることもあり
≪ 相手が望むゴール(満足)は何か? ≫を
明確にしてイベントを企画していく。

お互いに≪ 何のために? ≫を
明確にしたイベントは
自分達の、モチベーションを上げ
参観者の、満足度を上げることが出来る。
つまり
健全にイベントを次へ繋げられる。

とはいえ
やはり、イベントをゼロから考えるのは難しい。
今回は
木育イベント企画のための
「考えよう木育イベント!(簡易版)」を
掲載しているので
ぜひ、ワークシートを活用して
木育イベントを企画していただきたい。

●木育イベントを考えよう簡易版ワークシート1.pdf
●木育イベントを考えよう簡易版ワークシート2.pdf
202110ws02.jpg
 

(次回に続く)


◆木育マイスター デニーロ石谷

あなたは、なぜ木育マイスターになったのか? -  2021.09.12 Sun

木育異端児の天声樹語(2)

そもそも自分は
なぜ木育マイスターになろうとしたのか?

それは《直観》である。

普段から
何かを始める時に理由なんて考えない。

正確にいうと
左脳(理屈)ではなく、右脳(感覚)で捉えている。

わたしの個人的な直観の解釈の一つとして
処理スピードが速い、イメージ担当の右脳の閃きに対して
処理スピードが遅い、理論担当の左脳は理解が出来ない。
つまり、イメージは出来ても、
理屈を言葉に出来ない状態であると思っている。

右脳の閃きを信じて行動すると
徐々に左脳は、“コト”の内容を理解する。
言い換えると
《理屈が後から、ついてくる》

20210901.jpg

この木育マイスターも、そうだった。
自分の考えや価値観を変え
さらには、人生の道までも変えてしまう
大きな転換期になった。

次に
直観で行動したあとで
大事にしていることは
《左脳が出した答えに、耳を傾けてあげる》こと。
世間では
内観、フィードバック、分析などと言っている。

では
自分は何のために
木育の世界へ、足を踏み入れたのだろうか?

当時、樹木医試験に合格はしたものの
やりがいや、資格に価値を感じていなかった。
それは資格取得が目的であって
その先に目標が無かったからである。

そこに
木育なるものが目の前に現れた。
今になって思うと
探していたのだった
《木と対話するための材料》を。

20210902.jpg 
芦別の黄金水松

2010年9月の連休に
道内の巨木名木を巡る旅をした。
まさに『 気(木)があう 』とでも言うのだろうか
三十数本に出会ったなかで、
ごく稀に、気持ちや感情を伝えてくる木があった。

(ちなみに、
林業の仕事をしている時にもあったのだが
自分の妄想だと思い込んでいた。)

数年後、木育を知ったとき
自分の右脳は、すぐさま
誰もが木と対話できるようになるための
材料のひとつとして《木育》を採用したのだ。

いまの自分にとって
木育は《植物と対話するための材料》になっている。

20210903.jpg 
〇この木はフレンドリーな感情を伝えてくる

これを読んで下さった、あなた自身にとって
木育とは、何であるのか?
なぜ木育マイスターになったのか?
木育を手段とするならば、何が目的なのか?

これらの答えは
木育活動の方向性だけではく、
もしかしたら
あなたの人生の道標になるかもしれない。

(次回に続く)



◆木育マイスター デニーロ石谷

あなたが出来る、木育はなんですか? -  2021.08.16 Mon

木育異端児の天声樹語(1)

2012年8月26日
木育マイスター第3期の講座を受講

そこで衝撃を受けた。

学ぶとは
学校の授業のように
受け身で学ぶものだと思っていた。

しかし
木育マイスター養成講座は違った
《遊び》だった。
 
遊びの中から
気付き、学ぶのが
木育だと知った。

自分は
この木育の道に進もうと思った。

20210802d06.jpg
木育マイスター育成研修(薪割り〜火起こし)

その後
木育イベントの手伝いをして
気付いてしまった。
《子供が嫌い》
とくに
自由が過ぎる《クソガキ》

ストレスが貯まるなら
やらない方が良い。

そこで考えた
自分は大人向けの木育が
性に合っている。
だから
自分は子供を対象にしていない。

環境教育=子供
というイメージが強いが
教育という言葉が
そのような固定概念を
助長させてしまっているのかもしれない。

木育の取り組みは
「木とふれあい、木に学び、木と生きる」こと
それは大人だって良い。

20210801d04.jpg

《こうあるべき》は、可能性を狭める。
まず初めに、考えることは、
自分自身は何がしたいのか?
次に
どのようにしたら出来るのか?

固定概念にとらわれず
出来ることから行動してほしい。

(次回に続く)



◆木育マイスター デニーロ石谷

「苫東・和みの森ジン」が生まれるまで -  2021.07.13 Tue

今年10月に苫小牧で開催される「第44回全国育樹祭」の開催を記念したジンが、7月7日お披露目しました。木育とお酒が結びつくなんて!木育が生まれた当初には誰も考えつかなかったことです。

g02.png
チラシPDF

今回の企画は、一年前の育樹祭プレイベントの際に「積丹スピリットで、木育のジンが作れたら楽しいね。大人の木育やりたいね!」という一言から始まりました。そこは2006年に北海道で木育を生み出し、それぞれの分野で活動を続けてきた木育推進プロジェクトのメンバーが集まっていました。そのつながりで自発的に役割分担が生まれ、行政との恊働により記念ジンが誕生しました。

●積丹スピリット https://shakotan-blue.jp

ジンはジュニパーベリー(西洋ネズ)の実を主体とするボタニカルで独特の香りをつけた蒸留酒で、オランダでは300年以上前から薬用酒として造られてきました。草根木皮(そうこんもくひ)と称される樹木や草花を原料アルコールに漬けて再蒸留するのですが、素材の組み合わせや蒸留方法によりそれぞれの個性が出ます。
そんなこだわりのジンが、10年ほど前よりクラフト・ジンとして注目されるようになってきています。
「ジンは森から生まれるお酒」という言葉がいつも私の中にありました。

g03.png

全国育樹祭は、継続して森を守り育てることの大切さを普及啓発するため、1977年から毎年秋に行われています。今年の育樹祭では、平成19年の全国植樹祭で上皇上皇后両陛下がお手植えされた樹木を皇族殿下にお手入れいただく行事などが行われます。
ジンのフレーバーとなったアカエゾマツやシラカバは、お手入れ行事が行われる「苫東・和みの森」で木育活動をしているみんなで、この春に採取して刻んだものです。子どもたちにとってはまだ関わりのないお酒の世界ですが・・・大人と一緒に楽しく森とのつながりや理解を深め、自然との共生による持続可能な社会へと向かう姿は、きっとよい経験となるでしょう。
割水には地元の樽前山麓に広がる森が時間をかけてろ過し、豊富なミネラルが与えられた苫小牧のおいしい水「とまチョップ水」を使っています。そんな森と水のつながりや恩恵を感じてもらえるように、イメージ写真には「樽前ガロー」を選びました。

北海道の春は、長い冬の眠りを抜けて一気にやってきます。
森の樹木もいっせいに目を覚まし、美しい新緑の時期を迎えます。木や森と共に生きる私たち道民にとっても心待ちにした季節の到来です。ジンをゆっくり味わって、じっくり新緑の森を感じてください。
「木とふれあい、木に学び、木と生きる」木育が、これからも多くの人に共感されその輪が広がって行くことを願っています。



◆KEM工房/木育ファミリー顧問 煙山泰子

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリー

NEWS (7)
木育ファミリーの活動 (13)
あれも木育、これも木育 (9)
木育リレーエッセイ (20)
連載 (27)
広報活動 (1)
会員数と賛助会員紹介 (1)
お問い合わせ (1)
未分類 (0)

リンク