topimage

木育の種、咲かせた花〜第14回「木育マイスター1期生の雑感」 -  2024.05.12 Sun

「木育マイスター1期生です」と名乗ると、思いのほか先輩扱いされることが多く、単に認定をいただいたタイミングが早かっただけで、大したことはしていないのですが、それでも周囲の皆さんのお陰で、木育マイスターとしての活動を長く続けさせてもらっていることは確かなこと。このコラムのご依頼をいただいたのを良い機会として、これまでのことをちょっと振り返ってみようと思います。

■木育マイスター育成研修にて
木育マイスター1期生は、平成22(2010)年度の認定です。自然ガイドである私は、当時は旅行会社のアウトドアガイド部門に所属し、森の中の散策などを案内していました。森の中で過ごす時間は好きでしたし、樹木のことは何となく観察して、ある程度分かっていたつもりでしたが、木材になった後の木のことは全然知識が無かったので、ガイドのネタ集めや、自分自身の活動の幅が広がることを期待して申し込んだのを覚えています。
以前からも自然系、環境教育系の研修会には参加していたので、この木育マイスター育成研修も同じように、いわゆる自然系の方が多く参加しているのではないかとイメージしていましたが、実際に参加してみると、私のような職種はかえって少数で、様々なジャンルの方が「木育」に集まってきているのが驚きでした。

■木育マイスターになってからのこと
私が住む弟子屈町(てしかがちょう)は、町域の6割ほどが、阿寒摩周国立公園のエリアにあり、その情報拠点である川湯エコミュージアムセンター(現川湯ビジターセンター)に勤めていたこともあったため、地域の子ども向けの自然体験活動にも元々取り組んでいました。ただ、地元の子どもたちに、「国立公園の自然を学ぼう!」とか言っても、どこかハードルが高い気がしていて、その前のステップとして、自然の中で楽しく過ごせる素地を作って行かねばならないのではないかと感じていた時に、木育という視点に出会うことができました。
実際に小中学校の地域学習のお手伝いをする機会をいただくこともありますが、児童生徒にとっての身近な自然観察は校庭の周りで十分。北海道記念保護樹木に指定されている巨木が学校敷地内にあったり、やたらと樹種が豊富だったり、さすがは国立公園がある町だなぁと思いますし、「木」を軸に学校の歴史を紐解いてみると、例えば、かつては林業で地域が栄えていたことや、学校林の収益で備品を購入したなんて逸話とか、色々なことがつながってきます。木育という視点を活かして、身近なところからまずはコツコツと子どもたちの地域への認識を広げていければと考えています。

20240501.jpg
(校庭をぐるっと1周しただけでも、たくさんの種類の樹木が観察できます)

北海道知事認定の木育マイスターという看板は。その後フリーランスで活動することになった私にとっては、同じく道知事認定のアウトドアガイド資格とともに、信用の担保になるもので、ライフワークとして取り組んでいる地域の子どもたちへの自然体験活動を進める上で、町や学校と連携して活動するにはとても役立っています。

20240502.jpg
(広報紙にも取り上げていただきました。(広報てしかが2012年4月より))

■「木育は“つながり”のキーワード」
木育は「つながり」のキーワード、と言われています。学校現場にお邪魔する他にも、私がたまたまカラマツ林の管理人をしていたこともあって、幼児でも森の中でのびのびと遊べるよう「原野のもりの木育ひろば」も定期的に開催していました(コロナ禍から開催はストップしています。今年こそは再開したいところ…)。
元々は、森と木・森と人をつなぐ場をイメージして開催してきましたが、同時につながったのは「人と人」でした。開催していた木育ひろばは、親子で参加していただくスタイルですが、結局親子がバラバラになることが多く、よその子どもをかまったり、両親じゃない大人に甘える子ども達の姿は、とても温かい場であったと思います。

20240503.jpg
(カラマツで作った積み木を参加者の皆さんでペーパー仕上げ。ここに写っている全員が別の家族です)

個人的には、子どもそっちのけで木工作などに没頭する(時々寄ってくる子ども達を巻き込んだりもする)父ちゃんの姿も好きです。

20240504.jpg

■木育マイスター道東支部のこと
もう一つ、人と人がつながったのは、木育マイスター同士。冒頭にも触れましたが、育成研修では、私がイメージしていた自然系ばかりでなく、様々な職種の木育マイスターと出会うことができて、とにかく仲間に恵まれました。それまでは、自分1人で樹木も木材も手掛けられる人材になることを考えていましたが、自分以外のジャンルは、その専門のマイスターに任せればよいだけなので、自分自身の気も楽ですし、専門性のある仲間に任せられるのでプログラムの質も上がります。私自身、木育マイスターが集結する場では、どちらかというと場をコーディネートする役割を意識して取り組んでいることが多いのではないかと思っています。…とか言っていると、木育の師であるM氏には「お前は、たき火でマシュマロ焼いてるだけだろ?」と言われてしまうわけです。はい、精進します…。
 こうしたマイスター同士のつながりが、主に釧路・根室管内の木育マイスターおよび関係者とともに「木育マイスター道東支部」として立ち上がっています。相互の情報交換や研修(ただの飲み会も異業種交流で盛り上がります)、何かイベントを開催した際に集結したりと、個人では動きにくいマイスターにとっては活動の受け皿となり、つながることでのやりがいや楽しさを持続していくことができているものだと思います。
マイスターの人数は少ないエリアですが、稼働率の高さはアピールしておきたいところです!

20240505.jpg

■そして、次世代への「つながり」
私は2女の父親として、家庭に軸足を置いた“主夫”と名乗ることもあります。育成研修を受講した時も、ちょうど次女が生まれた年でした。我が家はカラマツ林に囲まれているので、日々森の中に暮らしがあることや、家庭と学校以外の人間関係をたくさん作る、という教育方針のもと、私が出番をいただいた木育活動の現場には可能な限り娘たちを連れていきました。変な、、いや個性あふれる木育マイスター仲間とふれあいながら、皆さんのお陰で成長していったように感じています。木育は暮らしの一部。木育の“つながり”が我が家の育児には非常に良い影響を及ぼしています。
こうした、いわば木育ネイティブともいえる世代の娘ですが、長女は今年で18歳。どういう風の吹き回しか、木育マイスターになりたいと言い出していますが、はたしてどうなるのか??

20240506.jpg
(木育イベント前、薪ストーブに着火してから部活に行くJKの図)

「木育」は今年で20周年。様々なつながりを生む木育は、次世代へとつながっていくように感じています。1期に認定をいただいてから蒔いてきた種が、少しずつ芽を出しているのでしょうか。出てきた芽が花を咲かせ、そして実を結んでいくよう、次世代に期待しつつ、私自身も地道に取り組んでいこうと思います。


◆てしかが自然学校 萩原寛暢

「木育&木育ファミリー20周年イベント~二十歳の木育~」参加者募集のお知らせ -  2024.05.09 Thu

北海道で「 木育」という言葉が生まれて今年で20年目となります。
木育の普及・啓発を目的として結成した 木育をすすめる会」を前身として、
木育ファミリー」も今年で20年目を迎えました。
この「 二十歳の木育」の節目の年を、これまで木育に携わった皆様と集まって
お祝いをしたい。そう思いイベントを企画しました。
イベントのテーマは マツ」です。
北海道がシンボルとして選んでいる 北海道の木」はエゾマツ。
本州以南ではスギ、ヒノキが主であるところ、北海道ではエゾマツ、トドマツ、
カラマツなどのマツ類が林業・木材文化の要となってきました。
我々の身近なマツで、作って、香って、味わって、魅力を再認識しましょう。
木育の立ち上げメンバーから、これからを担う木育マイスターが集まって時間を共有し、
木育の原点から未来のまつ方へ、一緒に歩んでいけると幸いです。

20240501matu.jpg

参集範囲:木育ファミリー会員、木育マイスター、他
日. 時:令和6年7月6日(土)~7日(日)
場. 所:イコロの森(苫小牧市植苗565-1)
内. 容:下記のとおり(内容は変更になる可能性があります)

6日
13:30~ オープニング、自己紹介(自分と木育の関わり)
14:30~ マツの木べらづくり(木工体験)
16:00~ コーヒータイム、テントサウナ体験
18:00~ 懇親会(BBQ)
マツリキュール、積丹GINなどの紹介

7日
7:30~朝食
8:00~松葉の蒸留体験
10:30~ 松ぼっくりのリキュールづくり
11:30~ 11月の木育シンポジウム(仮)について
12:00~ 解散

参加費:1泊2日 6,000円(体験料、食事代、宿泊費含む)
日帰り参加 3,000円(体験料、食事代含む)

※体験で作ったものはお持ち帰りいただけます。
※ご家族・お子様の参加も可能です。ご相談ください。
※男女別相部屋、簡易寝具などでの宿泊となります。

持ち物:宿泊される方:タオル、洗顔用具など、宿泊に必要なもの。
テントサウナ体験をされる方:水着やTシャツ、短パンなど。
懇親会の際のお酒、ソフトドリンクは、各自、飲みたいものをご持参ください。

定員:30名

※施設での宿泊はマックス24名です。参加者が24名を超えた場合は、
車中泊、持ち込みテント泊も可能です。ご相談ください。

申し込み方法:参加を希望される方は、
6月10日(月)までに、お名前、ご住所、電話番号、
1泊2日での参加か、日帰り参加かの別を記載の上、
木育ファミリー事務局(mokuikufamily@gmail.com)に、メールにてお申し込みください。

参加者へのお願い:
★マツの木べらづくり~マツの板、糸のこ、ナイフなどを用意する予定ですが、
道具を持参される場合はご持参願います。
★松ぼっくりのリキュールづくり~マツのリキュールを仕込むため、ハイマツ、ゴヨウマ
ツなどのカサの開いていないやわらかい松ぼっくりが必要となります。確保できる方はぜひご連絡ください。

ご不明な点がございましたら、木育ファミリー事務局(mokuikufamily@gmail.com)まで
お問い合わせください。

木育の種、咲かせた花〜第13回 木育ファミリーという「つながり」 -  2024.04.14 Sun

木育ファミリーは、なかなかユニークな集まりだと思います。
北海道の木育が生まれて今年で20年になりますが、同時に木育ファミリーも二十歳になります。
私たちは木育の普及推進という社会的目的を持ち、会員を募集して各種の活動をしてきました。会則を定めてやってきましたが、基本は「木育」という名前の家に集った「ファミリー(家族)」以外のなんでもありません。できる人が立候補で運営委員になり、その中でまとめ役になれる人が代表を務めてきました。社会的な信用を得て組織を大きくするためにはNPOや他の法人化というやり方もあったかもしれませんが、誰もそれを望まなかったのです。では何で、こんなにも長く活動を続けてこられたのでしょうか。それを問うと「木育するのが楽しいから」との答えが返ってきます。その楽しさの意味は人それぞれに違うと思いますが、一人じゃなく木育ファミリーでやる木育に価値があったのだと思います。

20240400.jpg

【木育の誕生と木育ファミリー】
平成16年度(2004年度)北海道と道民による協働型政策検討システムにより「木育推進プロジェクト」が結成されました。この時携わった木育推進プロジェクトメンバー15名のうち約半数は民間や行政からの応募で、さらに事務局は知事政策部と水産林務部で構成されていました。ですからメンバーは所属や専門分野、年齢も考え方もじつに多様な顔ぶれでした。最初は各自バラバラだった「木育」のイメージが、半年間におよぶ熱い議論を経て、翌年3月に全国で初めて木育の理念として定義づけられ、北海道の木育が行政の取り組みとしてスタートします。
通常ならプロジェクトの完了とともに各自のフィールドに戻ってゆくはずのメンバーですが、有志11名が民間の立場で木育を推進するために集まりました。それが木育ファミリーの前身「木育をすすめる会 木育ファミリー」です。ここから「北海道と木育ファミリーのパートナーシップ(協働)」が始まりました。

【木育のめざす豊かな心】
木育では「木とふれあい、木に学び、木と生きる」というテーマや、「木育はつながりのキーワード」「あれも木育 これも木育」などのコピーからもわかるように、やわらかく包容力のある表現が使われています。これらは一見すると不明瞭でとらえどころがないと感じるかもしれません。ですが、自然界すべてのつながり、どんな小さなアクションでも木育になりうるという多様性をこめた言葉なのです。木育の目指す「豊かな心」はなかなか数値としては表せないものですが、これまでの実績をとおして確実に育まれていることでしょう。
初期の行政の取り組みとして、北海道は木のおもちゃで遊びを体感できる場を「わくわく木育ランド」と名付け全道各地で実施しました。民間の木育ファミリーでは、大きな木のテーブルのもとに家族が集うイメージを「木育リビング」という場に演出して、講座を開催するイベントを行いました。2004年秋に襲った台風18号で倒木した北大ポプラ並木の被害木を自分たちで加工して作った大きなテーブルを囲んで「木育体感講座」「お絵か木」「世界一のびる紙」「こどもを育む住まいづくり」「ペレットストーブ」など、当時としては先進的な内容だったと思います。

20240401.jpg
わくわく木育ランド

20240402.jpg
北大ポプラのテーブルを囲んで

20240403.jpg
木育リビング

また、木育という新しい考え方の普及のためにシンボルマークとパンフレットに力を入れました。
木育が世に出ていく時にどんな服を着て何を伝えれば良いのかを考え、プロのデザイナーさんに木育の意義を説得して依頼しました。そうして出来上がったのが、木のタマゴから芽が出ているシンボルマークと「木育とは?」で始まるパンフレットです。道産間伐材配合の紙を使用して北海道と木育ファミリーの協働名で、なんと10万部も作成しました。それは北海道で生まれた木育をしっかり根付かせ、大きく育てたいという熱い想いの現れでもあったのです。

20240404.png
木育普及パンフレット

【木育は心の森づくり】
その後は国の木育に協力して「赤レンガ木育フォーラム」をはじめ、2008年と2013年の2度にわたり北海道で「全国木育ミーティング」を主催するなど全国的な木育のつながりを大切にしてきました。
一般向けには「木育カフェ」として、復元された古代楽器の音を聞く、宮大工の技を見るなどを企画し、生木を人力で加工する技術「グリーンウッドワーク」による廃校活用にも力を入れました。最近では「大人の木育講座」などを通じて、木を学ぶ機会を設けています。

20240405.jpg
赤レンガ木育フォーラム

20240406.jpg
第1回全国木育ミーティング

20240407.jpg
木育で廃校活用

20240408.jpg
グリーンウッドワーク講習

20240409_202404142239020d4.png
大人の木育講座

そして2021年秋に開催された「第44回全国育樹祭」の席では、『北海道生まれの木育』との言葉を来賓の方々はじめ全国の関係者からいただきました。特に北海道の「木育マイスター制度」は他に誇れる人材育成の手本として、これまでの成果とともに全国の木育活動の良きモデルとなっています。
木育は心の森づくりです。ここまで育った木育を底力として、いかに豊かな心を育み持続可能な社会をつくっていくかが、これからも課題です。

【新たな木育のステージへ】
これまで木育ファミリーは木育推進のための活動にさまざまな形で取り組んできました。北海道と木育ファミリーの協働のかたちは年月の経過とともに変わってきましたが、そこには北海道の木育推進における官と民のパートナーシップの原点がありました。2014年には「木育の10年をみつめて-木育next10」を赤レンガ庁舎で協働開催できたことは大きな成果と言えるでしょう。

20240410.jpg
木育next10

20240411.png  
木育絵馬と記念撮影

じつは2024年に木育誕生から20年を迎える節目にあたり、当初から木育ファミリーがすすめてきた社会的役割は十分に果たしたので、ここで活動の区切りをつけようようとの意見もありました。ですが今後は、これまでとは違うネットワークでつながるような新しい木育ファミリーを目指そうということになりました。
これを機に、今年は木育の20年をみんなで楽しく実感し、今後の木育活動の励みとなるよう(仮称)「木育&木育ファミリー20周年イベント〜二十歳の木育」を企画しています。
「木育の原点から未来へ」新たなステージへ向かいましょう!

◆KEM工房主宰/木育ファミリー顧問 煙山泰子

「木育&木育ファミリー20周年イベント〜二十歳の木育」開催のお知らせ -  2024.04.14 Sun

◆木育&木育ファミリー20周年イベント~二十歳の木育~

北海道で「木育」という言葉が生まれて今年で20年となります。木育の普及・啓発を目的として結成した「木育をすすめる会」を前身として、「木育ファミリー」も今年で20年を迎えました。この「二十歳(はたち)の木育」の節目の年を、これまで木育に携わった皆様と集まってお祝いをしたい。そう思いイベントを企画しました。
 イベントのテーマは「マツ」です。北海道がシンボルとして選んでいる「北海道の木」はエゾマツ。本州以南ではスギ、ヒノキが主であるところ、北海道ではエゾマツ、トドマツ、カラマツなどのマツ類が林業・木材文化の要となってきました。
 我々の身近なマツで、作って、香って、味わって、魅力を再認識しましょう。木育の立ち上げメンバーから、これからを担う木育マイスターが集まって時間を共有し、木育の原点から未来のまつ方へ、一緒に歩んでいけると幸いです。

20240400_202404142157122dc.jpg

【日時】
令和6年7月6日(土)~7日(日)
【スケジュール】
6日 13:30~ 
   オープニング、自己紹介(自分と木育の関わり)
   エゾマツの木べらづくり(木工体験)
   コーヒータイム
   懇親会(BBQ) 
   大人の木育:マツリキュールの紹介など
7日  9:00~ 
    松葉の蒸留体験
    松ぼっくりのリキュールづくり
   12:00~ 解散
【場所】
イコロの森(苫小牧市植苗565-1)
【参集範囲】
木育ファミリー会員、木育マイスター、他 20~30名程度
【その他】
参加申込・参加費用など詳細については、後日お知らせいたします。
【参加者へのお願い】
★松ぼっくりのリキュールづくり~マツのリキュールを仕込むため、ハイマツ、ゴヨウマツなどのカサの開いていないやわらかい松ぼっくりが必要となります。確保できる方はぜひご連絡ください。
(連絡先:mokuikufamily@gmail.com)



木育の種、咲かせた花〜第12回本道発祥の木育を全国発信したい ~第44回全国育樹祭のコンセプトは「木育」 -  2024.03.17 Sun

”皆様、「木育」という言葉をご存じでしょうか?”
2021年(R3)10月10日午前10時、秋篠宮皇嗣同妃両殿下にオンラインによりご臨席いただく中、札幌市豊平区の「北海きたえーる」で開催した『第44回全国育樹祭』の記念式典は、司会進行役のHTBアナウンサー佐藤良嗣さんのこのクエスチョン(?)で幕開けしました。

20240301_202403172112273ef.jpg

実はこのフレーズ、大会準備を担当した私たち全国育樹祭推進室が4年間にわたって道民の皆様に問いかけ続けた言葉でもあります。
そして、返答として期待した言葉は “もちろん知っています” だったのですが、育樹祭推進室が準備室として立ち上がった2018年(H30)当時は “木育って何なのですか?” “木を育てるという意味ですか?” などと問い返される場面も多くあり、私たちは、先んじてやるべき課題が目の前にあることを知らされたのです。
それからは、木育とは?
”子どもの頃から森や木とふれあい、豊かな心を育むこと”
“木とふれあい、木に学び、木と生きること“
などと「北海道の木育」ならではのフレーズをあれこれと駆使しながら木育をPR。大会本番前の2年間には、全道の振興局と地元の木育マイスターや行政・教育機関、企業・団体等との連携による木育イベントの実施を呼びかけ、道民の皆様が身近な場所で木育を体感できる取組を道内各地で精力的に進めてもらいました。
全国育樹祭は、森を継続して守り育てていくことの大切さを次の世代に伝えていくという明確な目標のもと、毎年、都道府県の持ち回りで開催されている行事ですが、1987年(S62)以来34年ぶり2度目の北海道大会には、本道発祥の「木育」の意義を全道、全国へと広く発信していくという「独自の目標」、「大きな狙い」があったのです。

2022年11月、木育ファミリー事務局から、リレーエッセイ「木育の種、咲かせた花」への執筆(テーマ:第44回全国育樹祭)の話をいただきました。
新型コロナウイルスとの戦いにもなった本大会。本番に至るまでには、開催の1年延期(R2→R3)、招待者の大幅な縮小(約3.500人→約700人:リモート参加約130人含む)、関連行事の一部取り止め、両殿下のご来道断念など、前例のない想定外の出来事もあり、何処に焦点を充てて記すべきかとても悩みましたが、育樹祭は文字通り「祭」でポジティブな存在。式典の中で私が感動した3つのメッセージを多くの道民の皆様に届けてあげたいとの思いに至り、その紹介をもってエッセイに代えることにしました。

一つ目のメッセージの紹介です。
● 秋篠宮皇嗣殿下のビデオメッセージ  
木や森林との触れ合いを通じて豊かな心を育む「木育」を、全国に先駆けて提唱し取り組んできた北海道で、百年先を見据えた森林づくりが道民との協働により弛みなく進められていることには、大きな意義を感じます。


20240302_2024031721123071a.jpg

超大型スクリーンに映し出された秋篠宮皇嗣殿下からの感動的なお言葉。私は、北海道民の一人として、心の底から誇らしい気持ちになりました。
北海道で生まれ、道民の手で大切に育てられてきた「木育」を、史実として国民の象徴である皇室と共有できた瞬間。体が震えました。

二つ目のメッセージ。
● 次期開催県 広瀬大分県知事のあいさつ  
北海道の多くの方々が、木育の理念のもとに真摯に森づくりに取り組んでおられる姿に、深く感銘を受けました。


20240303_2024031721123273f.png

とても光栄なお言葉。北海道の取組が南国九州圏の知事にも評価され、「木育」の全国への広がりを確信しました。
「北海道の木育」に関わってこられた全ての皆さん。この2つのメッセージは、皆さんが地道に撒いてきた「木育の種」がしっかりと芽吹いて花を咲かせ、そうした取組の輪が着実に広がっている証に他なりません。
これまでのご努力とご活躍に、心より敬意を表させていただきます。


“ 「北海道の木育」をどのように説明すれば良いのか迷ったことはありませんか? ” 
これは木育に関わる皆さんへの私からのクエスチョン(?)です。

最後に紹介する三つ目のメッセージは、その迷いを払拭させてくれるものです。

● TEAM NACSリーダー 森崎博之さんのメッセージ 
私たちは今、豊かな森林に恵まれた北海道で、様々な可能性にチャレンジし続けています。
子どもの頃から木に触れて、身近に感じることで豊かな心を育てたい。
木とふれあい 木に学び 木と生きる「木育(もくいく)」です。
「木育」を身近なものとして感じるキーワードは「つながり」。
木と森のつながりを見つけ、人と森のつながりを考える。そして、木育の活動を通じて人と人のつながりを生み出す。
森の木から木材へ。そして、木材からできたものを人の暮らしへ。その「つながり」に触れることで、私たち人間が多くの命と共存しながら、自然の一部として生きていることを実感します。


20240304_20240317211232207.jpg

20240305.jpg

式典メインアトラクション「木育の開花 北の大地から未来へ そして全国へと」の中でナビゲーター役のTEAM NACSリーダー森崎博之さんが放った渾身のメッセージ。
このメッセージを耳にした時、私の頭の中にあったモヤモヤが一気に晴れたのです。
皆さんは如何でしょうか?
第44回全国育樹祭は、様々な方々の温かい応援のお陰で成功裡に終えることができました。そして、4年に及ぶ一連の取組を通じ、道民の皆様によって育てられてきた「北海道の木育」の意義と、豊かな自然の存在に感謝し、様々な “つながり” を大切にしながら「木育」を未来につなげていきたいという道民の想いを、全道、全国へと広く発信できた。私はそう信じています。

“ 次は、世界の方々が「MOKUIKU(木育)」という言葉を口ずさむ姿を見てみたい ”
欲張りな私の「木育」への想いは、これからも際限なく広がっていきます。

<終わりに>
大会当日にYouTubeライブで配信された映像等は、今でもそのまま観ることができます。本道発祥の木育の歴史の一部として、くつろぎの時間にご視聴いただければ幸いです。

You Tube「第44回全国育樹祭チャンネル」はコチラ

「北海道の木育」を生み育ててくれたオピニオンリーダーの皆さん、そして全道各地で木育活動に汗を流されている皆さん、「二十歳の木育~next10」での益々の活躍をご期待しております。


◆北海道空知総合振興局森林室 佐々木 裕明
(大会開催当時:水産林務部全国育樹祭推進室) 

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリー

NEWS (14)
木育ファミリーの活動 (22)
木育の種、咲かせた花 (14)
あれも木育、これも木育 (11)
木育リレーエッセイ (21)
連載 (36)
広報活動 (1)
会員数と賛助会員紹介 (1)
お問い合わせ (1)
未分類 (0)

リンク