topimage

お話の木(その1)トネリコの木 -  2020.10.14 Wed

先日、道庁前の庭で樹木を見て廻った時、新しい発見をした。
何度も訪れている場所のはずだったが、たいていいつも、へえ、こんな木あったっけ、と思う。今回はトネリコだった。正面広場からだいぶ離れているせいもあるかもしれない。いや、白状しよう。京極にある私たちの山に生えている木は何とか大体は分かるようになったが、それ以外の木となるとさっぱりなのだ。あの木もこの木も、なんじゃもんじゃの木、というわけ。
それで木について何か書こうというのだから、あきれたものである。

201000.jpg

ところで今回お知り合いになったトネリコの木である。
じつは小学校のころ、お話の中で出会っていた。翻訳ものの怪奇小説で、内容はおぼろげにしか覚えていないが、庭のトネリコの木から大量の虫がぞろぞろ這いだして来るというとても怖い話だった。子供の頃、虫が極端に嫌いだったのは、あれがトラウマになったのではないかという気がする。
トネリコにはそれ以後も本の中で会っている。北欧神話では、聖なるウルズの泉から生えたユグドラシル(世界樹)が世界を形作っていると云われるが、それがトネリコの木だという。そういえば、ハリーポッターにも、トネリコの杖が出てきたっけ。正しくはこれらはみんな、セイヨウトネリコという種類らしい。しかしどちらもキンモクセイ科というから、見た目は似ているに違いないと勝手に思う。

樹皮は暗灰色、葉は羽状複葉で対生。春には白いふんわりとした花を付け、実は翼果。和名のトネリコの由来は、『戸に塗る木』という説もある。木に付くイボタロウムシ(やっぱり虫か!)から採った蝋物質を、敷居に塗って滑りを良くしたんだとか。昔は、稲のはさがけにも使われていたそうだ。里には身近な木といえるだろう。

道庁の庭で、少し緊張してかの木を見上げる。かなり立派な大木に育っている。
今のところワラワラと虫が出てくる気配はない。世界をすっぽりと覆い尽くしてしまう心配もなさそうだ。
まあ、宜しく頼むよと、何だか訳の分からない言葉を心の中でかけて、トネリコの木に背を向けた。



◆木育マイスター/ようてい木育倶楽部 齊藤 香里

木を描く -  2020.10.14 Wed

KEMさんの木育生活10

「この木、いいな」「この葉、キレイだな」と感じて記録に残したいと思った時、多くの人は写真に撮るのではないでしょうか。いつも身近にスマホやカメラがあるので、手軽にその瞬間を画像に留めることができるようになりました。
でも、じっくり木に向き合って「描く」のはまた格別の楽しさがあります。
木の幹や枝のつき方、樹皮や葉っぱの質感、木の全体を見ていると根の張り具合まで観察するようになるのです。よーく見つめていると、なんだか木の声が聞こえてくるような気さえします。
ゆっくりとそんな時間を味わいたくて、今年は年間10本の木を描こうと意気込んでいたのですが・・・まだ2本だけしか実現していません。それは自宅のブナと、初めて出会ったタマリンドの木です。

201001.jpg

201002.jpg

実際に描いているのは一時間ほどなのですが、なんとも言えず心豊かなひと時でした。
ですが・・・実際に用具を揃えてスケッチするのは手間もかかるし、ハードルが高いと感じる方には「フロッタージュ(こすり描き)」をお勧めします。

201003.jpg

201004.jpg

フロッタージュ(frottage:仏)とは、デコボコのあるものの上に紙を置き、鉛筆などでこするように描くことで対象を写し取る技法で、フランス語の「frotter(こする)」に由来します。
使用する紙は、比較的薄くて柔軟性があり、こすっても破れにくい上質紙や薄い和紙などが適します。私がよく使うのは昔の学校で使われていた「わらばん紙」で、鉛筆、コンテ、クレパスなど適度な硬さを持つ画材でこすります。これなら身近な木の葉や板を使ってすぐに描けますし、木育のプログラムにすることもできます。

201005.jpg

私が津別町でやっている木育授業では、最初に説明をしてから木の葉採取に出かけ、葉の裏側を使ってこすり描きします。目で見ていた時とは違う繊細な自然の造形が、紙の上に現れます。
自分のセンスを生かして自由にやっているうちに、だんだんと熱が入り力作に!それぞれの個性あふれる作品ができました。最後に葉の名前や特徴、場所と日時も入れると採取記録にもなります。

201006.jpg

201007.jpg

自分の手で描く楽しさに目覚めたら周囲を見る目が変わって、なんでもこすり書きしたくなりました。
こんな風に、ナラの古びたフローリングもアート作品のようです。

201008.jpg



◆KEM工房/木育ファミリー顧問 煙山 泰子 

木になる木 -  2020.09.16 Wed

KEMさんの木育生活09

大手電機メーカーのCMで「この木、なんの木。気になる木・・・」というのが、長く続いています。
普段は気にとめずにいたのに、ある時からなんだか気になってしまうものがあります。
「樹が好き!」「木と仲良くなりたい」と思い、あらためて身の回りを見た時に、木で作られた木や、樹木と親しくなるための資料が多くあることに気づきました。

20200902.jpg

20200901.jpg

この2本の樹は30年ほど前に、ロンドン郊外の英国王立キュー・ガーデンの売店で入手しました。キュー・ガーデンは、7万点以上の野生植物コレクションを誇るイギリスの由緒ある植物園です。園内の樹木は見上げるような大木が多く、本当に森のような雰囲気でした。
上はイングリシュ・パイン(松)で、下はチューリップ・ツリー(ハンテンボク)です。それぞれの木材は、この植物園のものを使っています。チューリップ・ツリーには「○○年の大嵐で倒れた樹です」と説明がついていました。厚さ2.5cmほどの板を切り抜き、部分的に彫りこみをいれただけの簡素なつくりですが、それぞれの樹木の雰囲気が良くでています。高さ20cmほど、全部で8種類くらいあったのですが、1個3000円位だったので2個だけ購入しました。

20200903.jpg

次はドイツの伝統的なミニチュア玩具です。
木工旋盤で樹の形を削りだしたもので、両端の2本は旋盤加工してからノミで削る高度な加工技術が活かされています。木の頂上に鳥がついたものはバードコールで、幹の部分をまわすと木の摩擦で「キョツ、キョーツ」と鳥の鳴き声がします。(高さ7~14cm)

20200904.jpg

これはカナダ製の自分で樹を育てるための「Tree Growing Kit」です。
台紙の右隅の四角いプラスティツク部分には、樹の種が入っています。
表側には、その樹の種類の説明が詳しく書かれ、裏側には具体的な発芽のさせかたが図入りで書かれています。
苗が5cm以上になったら、あなたの土地に植えてくださいなどと書いてあるのが、カナダ的と言うか?おおらかです。・・・200年成長するとの説明もありました!(8×13cm)

20200905.jpg

こちらはアメリカ版。「Grow Your Own TREES -あなたの樹を育てましょう」という本と種のセットです。(13×25cm、Chronicle books刊12.95ドル)
厚紙のカバーのなかに、47ページの冊子と種の入った紙袋が付いています。種は11種類のミックスになっていて、それぞれの種と成長した時の様子が樹木図鑑のようになっています。
上のカナダ製と同様に、本気で樹を育てようとしていること、その樹によってもたらされる環境的恩恵をたいへん長期的な目で見ているところが、日本と違うように感じました。

20200906.jpeg

次は、「WHAT WOOD IS THAT ?」-木材からどんな樹木かを知る本です。(A5版、160ページ)
おもしろいのは、表紙の見返し部分に40種類の本物の木のジャバラ折見本が5ページ付いていることです。
この手の本はたいてい写真なのですが、薄い板でもやはり本物は香りと手触りがちがいます。

20200907.jpg

20200908.jpg

最後は樹をテーマにしたトランプを紹介します。
上はイギリス、下はアメリカのものです。
両方ともトランプの一枚、一枚に美しい樹のイラストが描かれています。
おもて面のイラストの違いは、イギリス(上)の方が葉や実の拡大図が大きく名前に学名が付記してあること。このトランプならゲームに使わずとも、いろいろな樹木の絵を見ているだけでも楽しく過ごせます。
たとえば・・・
イギリス製
・スペードA「ダグラス・ファー」(モミ)
・ジョーカー「ノルウェー・スプルース」(トウヒ)と「キャベッジ・パーム」(ヤシ)

アメリカ製
・スペードA「ジャパーニーズ・ホワイト・パイン」
・ジョーカー「スコッチ・パイン」と「ホーンビーム」(シデ)

20200909.jpeg

木や樹木のことに興味がわいて楽しい時間を過ごしていると、それまで以上に木や自然に対する親しみや慈しみの気持ちがつよくなります。いろいろな経験をとおして「木が好きだから、木のことを知りたい」という気持ちが自然と芽生えることを願っています。


◆KEM工房/木育ファミリー顧問 煙山 泰子

ポプラの恩人 堀尾さんのこと -  2020.08.17 Mon

KEMさんの木育生活08

2004年9月8日台風18号が北海道を襲い、札幌でも最大瞬間風速50.2メートルの強い風が吹きました。
この時に、北海道大学のポプラ並木の半数(20本)以上が倒れたのを記憶にとどめている方も多いと思います。北海道全体での林業被害は2万ヘクタールを超え、被害額も二十五億八千三百万円と相当なものでした。

20200801.jpg
2004年被災時の北大ポプラ並木

札幌中心部の道路も倒木で通行止めになったり、市街地の街路樹もバタバタ倒れたりで復旧が急がれました。
当初は北大のポプラも災害処理木として処分されることになっていたところを、寸前のところで助けたのが(故)堀尾 時司さん(有限会社 ホリー技研代表)でした。トラックを自前で手配して処理場から、運び出したとのことです。
北大ポプラ並木の倒木がマスコミに報道されると、ほどなくして並木をなんとか再生してほしいとの声が全国的に高まり、義援金が集まるようになります。それを受けて北海道大学では「北大ポプラ並木再生プロジェクト」を立ち上げ、倒れたポプラ2本の立て直し(移植)と倒木ポプラ材の活用が行われました。

20200802.jpg

通常ポプラは木材として流通していないので、製材、乾燥のノウハウがありません。軽くて柔らかいので昔はマッチの軸として使われたこともありますが、今ではほとんど利用されません。多くの人に愛され親しまれてきた北大のポプラを、なんとか活かすために色々な取り組みが生まれました。ここでも堀尾さんは、中心的な存在となって活躍されます。自身が所属する「古楽グループ」(代表 市川信一郎北海道教育大学旭川校教授)が提案したチェンバロの製作、フルート、三味線、南米発祥の打楽器カホン、スピーカ箱の楽器等に利用することや札幌市石山中学校で彫刻の教材として利用する計画について、それぞれの製作者と北海道大学との橋渡しをしました。

20200803.jpg

20200804.jpg

その他、置戸町の木工家グループによるクラフト、林産試験場では家具(つい立、ベンチ)などが作られました。現在も北大博物館のチェンバロがある部屋のスペースの一角には、書家の田中さんの板額、小野昭二さん製作のフルート、斎籐匡隆さんの写真立の他、堀尾さんご自身が台風18号で倒木した北大エルム(ニレ)で製作したペン立て等が展示してあります。

20200805.jpg

20200806.jpg

私もポプラ並木再生支援金の寄付者の方へ感謝の意を込めて倒木ポプラで製作した「北大ポプラ再生支援記念品」の企画とデザインをボランティアでお手伝いさせていただきました。記念品は好評で多くの方からお礼の手紙を頂いた他、インターネット上でも喜びの声が交わされました。そしてこれが私にとっての初ボランティアで、木育活動の始まりでもありました。

20200807.jpg

ポプラという名前は何となくロマンティックです。日本に自生するヤマナラシやドロノキの仲間は、昔から「ハコヤナギ」という名前で知られていたので、ヨーロッパからポプラが移入されたときに「セイヨウハコヤナギ」と名付けられました。
ポプラというと、細く真っ直ぐに伸びたイタリアポプラが連想されます。春は葉が出る前に穂状の花を付け、花の後の5月初旬、綿毛に包まれた種子が木の周り一面に浮遊します。高さ20mを超すポプラ並木はなかなか壮観です。
学名はPopulus nigra var. italicaで、ヤナギ科ハコヤナギ属。別名イタリアポプラ。populusは、「popular」という言葉と同根で、peopleの意味。
北大ポプラの恩人「堀尾時司さん」の仕事は、トンネル掘削の技術者で長年にわたり北海道中のトンネル工事に関わったそうです。晩年は木で人の心をつなぐ活動に精力的でした。
台風の時期になると毎年、堀尾さんの穏やかな笑顔を思い出します。

20200808.jpg
2019年秋の北大ポプラ並木


※堀尾さんのリレーエッセイ:私も「椅子」作ってみました
(旧)木育ファミリーHP
http://www.mokuiku.net/6_essay/6_essay_08.htm


◆KEM工房/木育ファミリー顧問 煙山 泰子 

上遠恵子さんとの出会い -  2020.07.14 Tue

KEMさんの木育生活07

今年の春は新型コロナの影響で、家で過ごす時間が多くありました。ゆっくり身近な自然に目を向けると、いつもの春よりも多くの動植物の変化に気がつきます。鳥は思いのほかピイピイ、チッチと騒がしく、反対に人間はひっそりと、まるでレイチェル・カーソンの『沈黙の春』の逆世界が訪れたようでした。

200701.jpg

レイチェル・カーソンは、1907年5月ペンシルヴェニア州生まれ。ペンシルヴェニア女子大学、ジョンズ・ホプキンズ大学に学んだ後、合衆国漁業局(現在の魚類野生生物局)に入り、1962年『沈黙の春』を出版。
世界で初めて農薬の残留性や生物濃縮がもたらす生態系への影響を公にし、社会的に大きな影響を与えました。
「沈黙の春」完成後、ほどなくして56年間の生涯を閉じたレイチェル・カーソンの晩年の遺稿をまとめた『センス・オブ・ワンダー』は私にとって、人生の書とも言えるもの。幼少期に人が自然と関わることで育まれる感性=センス・オブ・ワンダーの持つ大きな意味、そして大人と子どもがともに自然を感じるかけがえのないひとときの豊かさを記した名著です。

200702.jpeg

北海道で木育が報告書としてまとまり、普及の初舞台として2005年3月に開催されたのが「北海道木育フォーラム」でした。基調講演を誰にお願いしようかと検討していた時に「煙山さん、誰のお話が聞きたいですか?」と声をかけてくれたのが木育プロジェクトのサブリーダー濱田智子さん(現 森林環境局長)でした。「センス・オブ・ワンダー翻訳者の上遠恵子さんなら素敵だけれど・・・」と半信半疑に答えたのが実現したのです。木育を通じて、憧れの女性と会えることになりました!
上遠恵子さんは1929年、東京生まれ。東京薬科大学卒で東大農学部研究室に勤務されながらカーソン研究をライフワークとして、『海辺』『センス・オブ・ワンダー』『潮風の下で』などを翻訳。エッセイスト、レイチェル・カーソン日本協会を設立し会長を務めておられます。
では、木育フォーラム当日の基調講演とセンス・オブ・ワンダーの一部を紹介します。

200703.png
北海道木育フォーラム会場風景

200704.png
上遠恵子さん


上遠恵子さん講演録 「自然が育む豊かな感性~自分のセンス・オブ・ワンダーを見つけよう~」より抜粋
― 原本は非常に写真の多いきれいな本なのですけれども、日本の訳としては小さなかたちの「センス・オブ・ワンダー」という本になって出ております。
これは「沈黙の春」が非常に鋭く切り込んでいることに対して、「センス・オブ・ワンダー」は自然の中での自然体験、しかも小さい子どもたちが自然体験をすることによって育まれていく子どもが本来もっているセンス・オブ・ワンダーを本当に穏やかに書き記しています。(中略)
いみじくも私はこのごろ思うのですけれども、「センス・オブ・ワンダー」の本を訳したのは1991年でした。やっと本が本屋に並んで、どのぐらい売れているかなと思って紀伊國屋に行きました。若い女性の店員さんに「センス・オブ・ワンダーという本はありますか」と聞きましたらば、店員さんに「戦争ってなんだという本ですか」と言われて。「センス・オブ・ワンダー」と「戦争ってなんだ」は似ていますよね。それで『センス・オブ・ワンダー』という本で「戦争ってなんだ」という本ではないのです」と言いました。それはまさに笑い話みたいなのですけれども。
私は戦争体験者です。1929年生まれですから、第2次世界大戦のときはティーンエイジでした。ですから戦争をよく知っています。本当に戦争というのは一番の環境破壊だなということをしみじみ思います。
戦争を知っている人間はどんどん少なくなっているので、私は必ずこういう機会をいた だいたときには「戦争はやめようね。平和でなければ駄目だよ」ということを言うことに決めました。それで申し上げているわけです。 戦争というのは物理的な環境の破壊ばかりではなくて心も荒廃させてしまいます。それはいろいろな事実でおわかりだと思います。そういうことは、私たちの次の世代に経験させてはいけないことであると思っております。
センス・オブ・ワンダーをもつということは、決して「きれいね、素敵ね、美しいわね」というやわなものではない。もっと厳しいものである。自然の中には怖いこともあるし痛いこともある、かゆいこともある、いろいろ厳しいことがあるという現実。死というものを見つめなければならないときもある。そういうものに対してもしっかりと受け止められる。それでつぶれてしまわないような感性も、私はセンス・オブ・ワンダーだと思うのです。―

200705.jpeg

レイチェル・カーソン著(上遠恵子訳)「センス・オブ・ワンダー」より抜粋
― 「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではないと信じています。
子どもたちがであう事実のひとつひとつが、やがて知識や知恵を生みだす種子だとしたら、さまざまな情緒やゆたかな感受性は、この種子をはぐくむ肥沃な土壌です。幼い子ども時代は、この土壌を耕すときです。
美しいものを美しいと感じる感覚、新しいものや未知なものにふれたときの感激、思いやり、憐れみ、賛嘆や愛情などのさまざまな形の感情がひとたびよびさまされると、次はその対象となるものについてもっとよく知りたいと思うようになります。そのようにして見つけだした知識は、しっかりと身につきます。
消化する能力がまだそなわっていない子どもに、事実をうのみにさせるよりも、むしろ子どもが知りたがるような道を切りひらいてやることのほうがどんなにたいせつであるかわかりません。―

200706.jpg

木育のルーツをたどれば、「木とふれあい、木に学び、木と生きる」のコンセプトにつながる、豊かな感性や知への好奇心、自然や社会へのつながりと世界は広く大きくなっていきます。
ずっとこれから先も、春になっても鳥の鳴き声が聞こえない「沈黙の春」が訪れないことを願っています。


◆KEM工房/木育ファミリー顧問 煙山 泰子

北海道「木育」フォーラム2005年3月19日開催記録はこちら

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリー

NEWS (6)
木育ファミリーの活動 (11)
あれも木育、これも木育 (5)
木育リレーエッセイ (14)
連載 (22)
広報活動 (1)
会員数と賛助会員紹介 (1)
お問い合わせ (1)
未分類 (0)

リンク