topimage

上遠恵子さんとの出会い -  2020.07.14 Tue

KEMさんの木育生活07

今年の春は新型コロナの影響で、家で過ごす時間が多くありました。ゆっくり身近な自然に目を向けると、いつもの春よりも多くの動植物の変化に気がつきます。鳥は思いのほかピイピイ、チッチと騒がしく、反対に人間はひっそりと、まるでレイチェル・カーソンの『沈黙の春』の逆世界が訪れたようでした。

200701.jpg

レイチェル・カーソンは、1907年5月ペンシルヴェニア州生まれ。ペンシルヴェニア女子大学、ジョンズ・ホプキンズ大学に学んだ後、合衆国漁業局(現在の魚類野生生物局)に入り、1962年『沈黙の春』を出版。
世界で初めて農薬の残留性や生物濃縮がもたらす生態系への影響を公にし、社会的に大きな影響を与えました。
「沈黙の春」完成後、ほどなくして56年間の生涯を閉じたレイチェル・カーソンの晩年の遺稿をまとめた『センス・オブ・ワンダー』は私にとって、人生の書とも言えるもの。幼少期に人が自然と関わることで育まれる感性=センス・オブ・ワンダーの持つ大きな意味、そして大人と子どもがともに自然を感じるかけがえのないひとときの豊かさを記した名著です。

200702.jpeg

北海道で木育が報告書としてまとまり、普及の初舞台として2005年3月に開催されたのが「北海道木育フォーラム」でした。基調講演を誰にお願いしようかと検討していた時に「煙山さん、誰のお話が聞きたいですか?」と声をかけてくれたのが木育プロジェクトのサブリーダー濱田智子さん(現 森林環境局長)でした。「センス・オブ・ワンダー翻訳者の上遠恵子さんなら素敵だけれど・・・」と半信半疑に答えたのが実現したのです。木育を通じて、憧れの女性と会えることになりました!
上遠恵子さんは1929年、東京生まれ。東京薬科大学卒で東大農学部研究室に勤務されながらカーソン研究をライフワークとして、『海辺』『センス・オブ・ワンダー』『潮風の下で』などを翻訳。エッセイスト、レイチェル・カーソン日本協会を設立し会長を務めておられます。
では、木育フォーラム当日の基調講演とセンス・オブ・ワンダーの一部を紹介します。

200703.png
北海道木育フォーラム会場風景

200704.png
上遠恵子さん


上遠恵子さん講演録 「自然が育む豊かな感性~自分のセンス・オブ・ワンダーを見つけよう~」より抜粋
― 原本は非常に写真の多いきれいな本なのですけれども、日本の訳としては小さなかたちの「センス・オブ・ワンダー」という本になって出ております。
これは「沈黙の春」が非常に鋭く切り込んでいることに対して、「センス・オブ・ワンダー」は自然の中での自然体験、しかも小さい子どもたちが自然体験をすることによって育まれていく子どもが本来もっているセンス・オブ・ワンダーを本当に穏やかに書き記しています。(中略)
いみじくも私はこのごろ思うのですけれども、「センス・オブ・ワンダー」の本を訳したのは1991年でした。やっと本が本屋に並んで、どのぐらい売れているかなと思って紀伊國屋に行きました。若い女性の店員さんに「センス・オブ・ワンダーという本はありますか」と聞きましたらば、店員さんに「戦争ってなんだという本ですか」と言われて。「センス・オブ・ワンダー」と「戦争ってなんだ」は似ていますよね。それで『センス・オブ・ワンダー』という本で「戦争ってなんだ」という本ではないのです」と言いました。それはまさに笑い話みたいなのですけれども。
私は戦争体験者です。1929年生まれですから、第2次世界大戦のときはティーンエイジでした。ですから戦争をよく知っています。本当に戦争というのは一番の環境破壊だなということをしみじみ思います。
戦争を知っている人間はどんどん少なくなっているので、私は必ずこういう機会をいた だいたときには「戦争はやめようね。平和でなければ駄目だよ」ということを言うことに決めました。それで申し上げているわけです。 戦争というのは物理的な環境の破壊ばかりではなくて心も荒廃させてしまいます。それはいろいろな事実でおわかりだと思います。そういうことは、私たちの次の世代に経験させてはいけないことであると思っております。
センス・オブ・ワンダーをもつということは、決して「きれいね、素敵ね、美しいわね」というやわなものではない。もっと厳しいものである。自然の中には怖いこともあるし痛いこともある、かゆいこともある、いろいろ厳しいことがあるという現実。死というものを見つめなければならないときもある。そういうものに対してもしっかりと受け止められる。それでつぶれてしまわないような感性も、私はセンス・オブ・ワンダーだと思うのです。―

200705.jpeg

レイチェル・カーソン著(上遠恵子訳)「センス・オブ・ワンダー」より抜粋
― 「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではないと信じています。
子どもたちがであう事実のひとつひとつが、やがて知識や知恵を生みだす種子だとしたら、さまざまな情緒やゆたかな感受性は、この種子をはぐくむ肥沃な土壌です。幼い子ども時代は、この土壌を耕すときです。
美しいものを美しいと感じる感覚、新しいものや未知なものにふれたときの感激、思いやり、憐れみ、賛嘆や愛情などのさまざまな形の感情がひとたびよびさまされると、次はその対象となるものについてもっとよく知りたいと思うようになります。そのようにして見つけだした知識は、しっかりと身につきます。
消化する能力がまだそなわっていない子どもに、事実をうのみにさせるよりも、むしろ子どもが知りたがるような道を切りひらいてやることのほうがどんなにたいせつであるかわかりません。―

200706.jpg

木育のルーツをたどれば、「木とふれあい、木に学び、木と生きる」のコンセプトにつながる、豊かな感性や知への好奇心、自然や社会へのつながりと世界は広く大きくなっていきます。
ずっとこれから先も、春になっても鳥の鳴き声が聞こえない「沈黙の春」が訪れないことを願っています。


◆KEM工房/木育ファミリー顧問 煙山 泰子

北海道「木育」フォーラム2005年3月19日開催記録はこちら

「辻井先生」のこと -  2020.06.16 Tue

KEMさんの木育生活06

みんなから「辻井先生」と親しみを込めて呼ばれていたのは、植物生態学者の辻井達一さんです。
辻井先生は、1931年東京生まれ。北海道大学農学部の学生時代から湿原の調査に取り組み、卒業後は農学部教授、および附属植物園長を務められました。また北海道環境財団理事長、環境省ラムサール条約湿地検討会座長など、北海道の森林や環境系の世界ではその見識を高く評価され、みんなにとって文字通り「先生」と呼ばれる存在でした。年齢を重ねても好奇心旺盛で、世界中を旅しては新しい情報を楽しく語ってくださいました。

200601.jpeg

私が先生と最初にお会いしたのは40年ほど前、木のタマゴを作り始めていち早く買い求めに来てくださった時のことです。
そして、2004年の木育推進プロジェクトではリーダー(座長)として、絶妙な手綱さばきでメンバーをまとめてくださいました。ちなみにサブ・リーダーは、(現)水産林務部森林環境局長の濱田智子さんでした。
プロジェクトは半年の間に「木育」という新しい言葉の概念を生み出すもので、毎回の会議や視察旅行、メーリング・リスト等を通して熱のこもった濃い時間を過ごしました。
それは辻井リーダーにとっても、きっとワクワクする場だったのではないでしょうか。

200602.jpeg

辻井先生の著書には二冊の樹木ガイドがあります。さまざまな樹木の特徴や性質をイラスト付きで一般の人が読んでも樹木に興味がわくような解説が特徴です。
『日本の樹木』 都市化社会の生態誌 中公新書1995
『続日本の樹木』 山の木、里の木、都会の木 中公新書2006
一冊目は木育誕生前の出版で、続編は誕生後のものです。その序文を比べると、辻井先生の中にも木育の存在で変化があったようです。

200603.jpeg
          
『日本の樹木』序文より引用
― 日本は樹の種類の多いことで世界でも有数のところだ。そしてそれらの樹は十分な降水と温度条件によってよく育つ。そこで北から南まで、巨大な樹があり、立派な森林が成立した。里には鎮守の森があり、海辺にも魚付林が残された。それらは懐かしい風景でもあり、環境や生活についての優れた知恵でもあった。
けれどもそうした樹や林や森は、このところ急速に姿を消しつつある。森林の減少はもちろん今始まったことではなくて、近代になってそれが甚だしくなったということであろうし、樹木にもそれぞれの寿命があるから巨木が消えていくのも仕方がないことかもしれない。(中略)
ただ、いささかながら各地で樹を植えよう、森林を回復させようとする動きは出てきたし、プラスティック製品に飽きた、として樹の良さが見直されるようになってもきた。まんざら、悲観的な材料ばかりでもなさそうなのである。―

『続日本の樹木』序文より引用
― 『日本の樹木』(中公新書一二三八)が出てから十年余りが経った。先の版で樹種が北に偏っていることを断っておいたこともあり、この続編ではそれを修正することを試みた。しかし、この版での特徴としたのはそれだけではない。この十年の間に、ちょっと大げさに言えば木と木材への回帰が大きくなっているのが見られる。(中略)
北海道では「木育」という言葉が使われるようになっている。これは「食育」つまり食材を、あるいは食そのものを大切にして、それを通じて健康な生活を、というのに準じて、木を使って、木の感触に慣らすことから始めて、より健康な体と心を、というものだ。かつては今よりももっとさまざまなものが木でつくられ、私たちは木と木材に囲まれて生活していたのだから。
こういう傾向をみると、前著の序文で「必ずしも悲観的な材料ばかりではなさそうだ」と書いたのがまんざら希望的観測でもなかったらしいのはめでたい。―

200604.jpg

このように並べてみると辻井先生にとっても木育の誕生が大きな意味を持ち、先生の示唆に富んだアドバイスがあったからこそ北海道に現在の木育があることを再認識させられます。木育ファミリーでも、設立時より顧問としてお世話になりました。
続編の序文の中で「まんざら希望的観測でもなかったらしいのはめでたい。」という言葉遣いに、先生のちょっぴりお茶目な側面が感じられます。各分野で親交の深かったみなさんは今それぞれに、辻井先生のユーモアあふれる素敵なエピソードを懐かしく思い出しているのではないでしょうか。


◆KEM工房/木育ファミリー顧問 煙山 泰子

高田宏さんとの出会い -  2020.05.18 Mon

KEMさんの木育生活05

北海道で「木育」が生まれたのは、2004年(平成16年度)の木育推進プロジェクトです。
木育の取り組みは今年で16年目を迎え、全国に先駆けて各種イベントの実施や木育マイスターの人材育成など、行政と民間の協働によって森林づくりの大きな柱としてこれまで進められてきました。
では自分にとっての木育の原点は、どこから生まれたのだろうと考えてみました。
私は20歳の時に木と出会い、木工の仕事を通して社会とつながることを目指してきました。でも木育という言葉が生まれるずっと前から、様々な人との出会いが、自分の心の中に眠っていた「木育の種」が芽生えるきっかけとなったのです。そんな中から思い出深い人々を紹介したいと思います。

20200501想い種
KEMの種
      
高田宏さんとお会いしたのは一度だけ、1994年のことです。翌年に日本テレビ放送から出版される『木遊び』と題した本の取材のためでした。
高田さんは、1932年京都市生まれ石川県育ち。編集者を経て作家になり、90年には『木に会う』で読売文学賞を受賞された自然に関する著述の多いかたです。私は以前より木や森、雪、子どもなどに対する向き合いかたに共鳴し尊敬していました。自分にとって本の中の存在だった人が、わざわざ札幌の工房まで会いに来てくださるというのです。高田さんの他の著作も読み返し、少し緊張して当日に臨みました。

20200502.jpeg
高田宏さんの著書

それは8月のある日。残暑厳しい本州と比べればお盆を過ぎた北海道の空気は爽やかに感じられたことでしょう。高田さんは家の周囲を回ってから室内には入らず、木々の緑が濃い中庭での立ち話から始められ、そして私の木のタマゴをいくつも持っていることを語られました。私はモノを通してすでに出会っていたことを知り、初対面の堅苦しい雰囲気は全く感じなくなりました。取材というよりは問われるままに話しているうちに、自分の考えが整理され素敵なキーワードが浮かんでくるのです。時間を忘れて満ち足りた気分で数時間を過ごし、帰られる時に著書にサインをお願いしました。これからの励みになるように、メッセージを添えてくださいとの希望に快く応じてくださったのが「森と子供たちの仲間として」の言葉です。私の宝物となりました。

20200503.jpeg

そして1995年日本テレビ出版から『木遊び』10人の木のおもちゃ作家との対話から、という単行本が出版されました。以下、「煙山泰子さんとの対話から」引用

20200504.jpeg

― 北海道の森へ出かけたとき、通りがかりの木工品展示館で、木の卵を買った。ナラやニレやクルミやサクラなど、いろんな木を卵そっくりの形にしてあるものだ。
ずっとあとになって、それが煙山泰子さんの「KEM工房」の作品だと知ったのだが、そのときは何か無性になつかしい気がして、五つ六つ買い込んだのだった。
それまで見たことのないものだったけれども、なつかしさに襲われたのだ。東京に帰ってからは机の上に置いて、毎日のように触っている。
木の卵を触っているうちに思い出したのが、あのシイの木のうろだった。もちろん木の卵は閉じていて芯まで結まっているのだが、鳥の卵か虫の繭のような内部の空間を想像させるのだろうか。その空間が老木の空洞を連想させたのかも知れない。
もしも昔、子供のぼくが木の卵を手に入れていたら、どうしただろうか。そう考えてみると、いくつかの木の卵をシイの木の空洞に持ち込んでいる自分が目に浮かんでくる。うろの底に木の卵を並べ、いつか卵から出てくる不思議な鳥とか、不思議な木の芽とかを待ちつづけている子供の姿が見えてくる。
木の卵はごく単純なものだ。それをデザインと呼べるのかどうかも分からない。煙山さんが考え出した木の卵を、北海道·津別町の職人さんたちがロクロを回して挽き出しているだけのものだ。木の卵をどうやって遊ぶかといった決まりはない。そのへんに転がしておくだけのものかも知れないのだが、しかしそこには何かがある。子供に夢を紡がせるような何かだ。想像力を刺激するもの、と言ってもいい。おもちゃの原点がここにあるのではないか。そして、あえて言うなら、この木の卵は、大人の中の幼児を目覚めさせるものでもあるだろう。―

20200505.jpeg

この本では、表紙に私のドングリ・コロコロ(コマ)を使ってもらったのも嬉しいことでした。
その後も木のおもちゃの新作を近況報告のつもりで送らせていただき、お礼のハガキを受け取りました。
こんな出会いが、木のモノを通して人がつながる木育の芽生えとなっています。



◆KEM工房/木育ファミリー顧問 煙山 泰子 

私のブナと生きる -  2020.04.12 Sun

KEMさんの木育生活04

わたしの家には、ブナの木が二本あります。
自生するブナの北限は北海道南部の黒松内付近ですから、札幌ではあまり目にすることがありません。ブナはその雄大で美しい姿から「森の母」「森の女王」などと呼ばれます。

20200401.jpg

これを植えたのは、三十数年前に自宅を建てた時のことです。一年を通して、大好きなブナの移り変わりを近くで見ていたいという私の片想いのようなものでした。森で生きるのがふさわしく市街地の狭い庭に納まるような木ではないのですが、何も知らなかった私の身勝手でそうしたのです。
新築時の写真を見ると、大人の腕ほどの太さのブナと、クリスマスツリーのようなプーゲンス・トウヒが可愛らしく交互に並んでいます。

20200402のコピー

それは、幼い子どもを育てながらモノづくりに励んでいた日々を思い出させます。
年ごとに美しい黄緑色の芽吹きと黄金色の落葉を繰り返すブナに、見守られ励まされてきたように感じる懐かしい時間です。月日は流れ、今では私のブナも胸高直径50センチ余りの大きな木に育ちました。たぶん樹齢50年位にはなっている木との暮らしは、なかなか大変なこともあります。木が大きくなるほど、数年に一度の剪定作業には手間と費用がかかります。街路樹の剪定のように機械で丸坊主に刈るのは心が傷むので、十年ほど前の三月にはツリーイング(木登り)と手ノコで剪定をしてもらいました。直径10センチほどの材が数本出たので何か記念になるものにしたくなり、生木を手工具で加工するグリーンウッドワークで幼児用の椅子を作りました。ゴッホの絵に描かれた素朴な民芸椅子の小型バージョンで「ちびゴッホの椅子」と名付けました。

20200403.jpg

秋になって黄色く色付いて行くブナの葉はみごとに美しいのですが、落葉の時期になると次の作業が待っています。何しろブナの葉は特徴的なので、近くの公園のものとは違うのがすぐにわかります。道路側に落ちた枯葉を掃き集めながら、強い風が吹くたびに庭の内側に落ちて積もるのを願っています。
四年前の三月には、それぞれの木の直径30センチほどの太い枝を伐りました。まるで自分の片腕をなくすようで心が痛んだのですが、先々のことを考えてそのようにしました。

20200404.jpg

その後も数年ごとに剪定しては、キャンドル・スタンドやスプーンなどを作っています。そう言えば最初にブナの枝を使ったのは、トナカイのツノでした。

20200405.jpg

20200406.jpg

20200407.jpg

こんな風に、私のブナとの共生は続いています。
この先どうなるのかはわかりませんが、風に揺れる枝先を見ていると・・・いつかブナの棺で眠りたいなどと空想したりもするのです。



◆KEM工房/木育ファミリー顧問 煙山 泰子 

ミモザの魔法 -  2020.03.17 Tue

KEMさんの木育生活03

2月末から3月にかけて、花屋さんで「ミモザ」の明るい黄色を見つけると春の訪れを感じます。
私はこの花の愛らしい黄色のポンポンを見ていると、なんだか心がウキウキしてくるのです。ヨーロッパでは、日本の桜のように春を告げる花として親しまれているそう。

20200301.jpg

ミモザはマメ科ネムノキ亜科アカシア属の総称で、銀葉アカシアやフサアカシアをさし、オーストラリア原産の常緑高木でいずれも生長が非常に早く樹高が10m以上にもなります。2月~4月の花の時期には全体が黄色く染まるほど、黄色い小さな花が集まった房状の花を咲かせ芳香を漂わせます。
関東以南では、公園や街路樹としても植えられているとのことですが、北海道では見られないのを残念に思っていました。ところが去年の春、札幌北区の百合が原公園の大温室のシンボルツリーがミモザであることを知り、すぐに訪ねたところ高さ6メートルほどの木が黄色の花で満開でした。

20200302.jpg

百合が原公園大温室のミモザの木(2019)
今年は新型コロナウイルス感染防止のため3月19日まで休館です。

20200303.jpg

3月8日は「ミモザの日」、イタリアでは日頃の感謝を込めて男性から女性へミモザの花を贈る習慣があります。そしてこの日は「国際女性デー」、1975年に国連が制定した女性の政治的自由と平等を訴える日のシンボル・フラワーでもあります。国際女性デー2020のテーマは「平等のための1人」。平等という言葉の意味は奥深いですが、誰もが自分らしく誇りの持てる生き方ができるようになればよいと思います。
いま人類は新型コロナウイルスという目に見えない脅威にさらされ、その不安が社会や経済に混乱を招いています。自然界の中で人間はまだまだ無力な部分があることに気づかされました。
もしも私に魔法の力があったなら・・・「世界中の新型コロナが、一晩で全部ミモザの花に変われ!」と叫びたい気持ちです。


◆KEM工房/木育ファミリー顧問 煙山 泰子

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリー

NEWS (6)
木育ファミリーの活動 (11)
あれも木育、これも木育 (5)
木育リレーエッセイ (13)
連載 (19)
広報活動 (1)
会員数と賛助会員紹介 (1)
お問い合わせ (1)
未分類 (0)

リンク