topimage

ミモザの魔法 -  2020.03.17 Tue

KEMさんの木育生活03

2月末から3月にかけて、花屋さんで「ミモザ」の明るい黄色を見つけると春の訪れを感じます。
私はこの花の愛らしい黄色のポンポンを見ていると、なんだか心がウキウキしてくるのです。ヨーロッパでは、日本の桜のように春を告げる花として親しまれているそう。

20200301.jpg

ミモザはマメ科ネムノキ亜科アカシア属の総称で、銀葉アカシアやフサアカシアをさし、オーストラリア原産の常緑高木でいずれも生長が非常に早く樹高が10m以上にもなります。2月~4月の花の時期には全体が黄色く染まるほど、黄色い小さな花が集まった房状の花を咲かせ芳香を漂わせます。
関東以南では、公園や街路樹としても植えられているとのことですが、北海道では見られないのを残念に思っていました。ところが去年の春、札幌北区の百合が原公園の大温室のシンボルツリーがミモザであることを知り、すぐに訪ねたところ高さ6メートルほどの木が黄色の花で満開でした。

20200302.jpg

百合が原公園大温室のミモザの木(2019)
今年は新型コロナウイルス感染防止のため3月19日まで休館です。

20200303.jpg

3月8日は「ミモザの日」、イタリアでは日頃の感謝を込めて男性から女性へミモザの花を贈る習慣があります。そしてこの日は「国際女性デー」、1975年に国連が制定した女性の政治的自由と平等を訴える日のシンボル・フラワーでもあります。国際女性デー2020のテーマは「平等のための1人」。平等という言葉の意味は奥深いですが、誰もが自分らしく誇りの持てる生き方ができるようになればよいと思います。
いま人類は新型コロナウイルスという目に見えない脅威にさらされ、その不安が社会や経済に混乱を招いています。自然界の中で人間はまだまだ無力な部分があることに気づかされました。
もしも私に魔法の力があったなら・・・「世界中の新型コロナが、一晩で全部ミモザの花に変われ!」と叫びたい気持ちです。


◆KEM工房/木育ファミリー顧問 煙山 泰子

炎のある暮らし -  2020.02.16 Sun

KEMさんの木育生活02

我が家の暖房を薪ストーブに変えてから4回目の冬を迎えました。「炎のある暮らし」と言えば素敵に聞こえるかもしれませんが、その実態はけっこう手間のかかることも多いのです。ここに至るまでの経緯をお伝えしたいと思います。

20200201.jpg

まず平成元年に建てた我が家は、札幌豊平区のオール電化住宅(工房付き2世帯住宅)で、建築家の夫と木工デザイナーの私にとって夢の実現と他人の家ではできない実験の場所でした。当時のバブルな社会では、クリーンで安全な暮らしのシンボルが電気だったのです。その恩恵を受けて、私は家事をこなし二人の幼い子どもを育てながら木工作業をする時間を生むことができました。そうして一度も停電を経験することなく数十年が過ぎ、親は亡くなり子どもは成人して家族のカタチが変わりました。

20200202.jpg

また社会の価値観も「省エネでエコな暮らし」が優先されるようになり、自分たちの生活も変えよう!と、暖房を薪ストーブにしました。振りかえると私が育った昭和の北海道の冬は、どこの家でも石炭か薪のストーブが部屋の中心にあり、ヤカンや鍋が湯気を上げる中で温かな空気に囲まれていました。背中側は寒いので、時々体の向きを変えながら過ごしたことが懐かしいです。そんなノスタルジックな思い出に浸りながら、おしゃれな薪ストーブ屋さんで選んだのはノルウェー製の鋳物ストーブで、大きめのガラス窓から炎が見られる素敵なものでした。なるべく設置費用がかからないように自分たちで既設のコンクリート煙突につなげました。この煙突は災害用のために新築時に打ち込んでおいたもので、それが役に立ちました。

20200203.jpg

こうして始まった薪ストーブ生活ですが、次々と予想外のことが起こります。
朝は火をつけるための準備が大変で、焚付けの用意と薪運びは毎日のこと。思っていたよりも薪は早く燃えるので、いつも薪の補充に気を遣い、ヤカンの水を足し、灰を捨て、適温で燃焼させます。近所のお宅に迷惑がかかっていないだろうか?と・・・スローライフは思っていた以上に忙しいのです。

20200204.jpg

20200205.jpg

そして2年目の夏には、幅4軒の薪置き場をDIYで作りました。グリーンウッドワークの削りカスは素晴らしい焚付けになりますし、白樺細工や木工の木クズも無駄なく燃やせます。灰は庭に撒いて肥料に、知恵と工夫でだんだん楽しくなってきました。主燃料の薪は授産施設から購入しています。1立方メートル2〜2.5万円ほどなので、自宅や友人宅の剪定枝も大事な副燃料。夏の間の煙突掃除も欠かせません。プロに頼めば「ん万円」ですが、時間と手間をかけることで節約できます。それでも札幌の住宅地ではやはり費用はかさみますし、夫と私の仕事場と住宅を兼ねているからこそできるライフスタイルです。最初は深く考えずに始めた薪ストーブ生活ですが、いろいろと気づくことも多く室温は20度前後、湿度も50%を下回らないので植物も生き生きしています。

20200206.jpg

なにより「炎を眺める時間」は不思議と心が落ち着くのです。一日のこと、一年のこと、一生のこと、太古から人は火を見つめて考えてきたのだろうなと。


◆KEM工房/木育ファミリー顧問 煙山 泰子

木のネズミ -  2020.01.10 Fri

KEMさんの木育生活01

北海道の木育のテーマ「木とふれあい、木に学び、木と生きる」は、私たちが日々の暮らしや営みの中で木や森をどのように考え、行動するかを大切にしています。私自身が木育の普及活動をすすめながら、木工デザインの仕事を通して生活の中で感じたり考えたりしたことを『KEMさんの木育生活』として連載したいと思います。タイトルの「KEMさん」は、私(煙山泰子)のニックネームです。よろしくお付合いください。

第1回は、新年の干支にちなんで木製のネズミを紹介します。

200101.jpeg
自作の「木ネズミ」

KEM工房の資料室には、木の動物が多数あります。私が最初に出会った干支の木彫は、小さな杉箱に納まってミニお札と説明文が付いていました。蓋には墨で年号と「神宮えと守」の文字に朱印が押され、木彫にも「神宮」の丸い焼印がついています。説明書には「これは・・・神域の楠(クス)材をもって 神宮彫刻師が謹刻して 和平安穏、多幸多祥の祈祷をこめたものであります」とあります。
どこか有名な「○○神宮」の干支彫りなのだろうと思い所在を調べたのですが、その時は判りませんでした。
数年後、はじめて伊勢神宮に行くことになりホームページを検索していたら、ここの正式名称は「神宮」で、毎年正月に干支守りを授与しているとのこと。

200102.jpeg
左より、昭和35年、47年、59年、平成8年の干支守

200103.jpeg

伊勢一刀彫りは、いにしえより20年ごとに行われる伊勢神宮の式年遷宮の造営に携わる宮大工の余技としてはじめられたもので、檜(ヒノキ)や楠(クス)の直方体をノミや彫刻刀で荒彫りしたもので、干支守りの授与は昭和24年(1949)丑歳より始まったそうです。
干支は古代中国で生まれた陰陽五行説が基になっています。自然界のすべてのものは「陰」と「陽」の相対するもので補い合って存在し、それは五つの要素(五行)「木・火・土・金・水」で成り立っているというもの。このような宇宙観や自然観によって考え出されたのが「十干」(じゅっかん)と「十二支」(じゅうにし)です。
◎「十干」甲(きのえ)、乙(きのと)、丙(ひのえ)、丁(ひのと)、己(つちのと)、戊(つちのえ)、辛(かのと)、庚(かのえ)、癸(みずのと)、壬(みずのえ)
◎「十二支」子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥
この「十干」と「十二支」を順番に組み合わせたものが、その年の干支になります。同じ干支は60年ごとにめぐってきますから、自分の生まれた干支が二度目にくるのが還暦になります。一年を通じて日常生活に、さまざまな宗教的行事や慣習が共存していることが、現代的な日本文化の姿でしょう。そして良くも悪くも、これが今の時代の「日本らしさ」なのかもしれません。

ここからは、歴代の神宮ネズミや仲間達を紹介しましょう。

200104.jpeg

昭和35年(庚子)のネズミはヒノキ材で綺麗な削り目の写実的表現。次の昭和47年(壬子)からはクスノキ材です。荒い面取りでネズミが立ち上がった姿でしょう。

200105.jpeg

昭和59年(甲子)は、おとなしい印象で、平成8年(丙子)はモダンで元気なネズミに見えます。平成のものは、箱を開けるとまだクスノキの爽やかな香りが残っています。クスノキは樟脳(しょうのう)の原料です。北海道には生育しませんが、九州に行ったときには各地にクスの巨木がたくさん観られました。
伊勢のものは、昔から現代のものまで、のし紙や箱と紐、お札、説明文にまで金属釘やテープ、ビニール紐などが一切使われていないことに好感がもてます。

200106.jpeg
シッポの長い「コロ・ネズミ」と昭和59年の年賀状に入れた「コルク・ネズミ」

200107.jpeg
ヨーロッパのおもちゃ、赤いネズミのマグネット

令和2年、今年の干支は「庚子」(かのえ・ね)です。ネズミは、その繁殖力にちなみ「子孫繁栄」の象徴ともされています。
どうぞ良い年になりますように!


◆ KEM工房/木育ファミリー顧問 煙山 泰子

しらかんばの「生き様」 -  2019.07.17 Wed

「しらかんばずかん」7月号

12回にわたって連載してきました「しらかんばずかん」、今回が最終号です。
「しらかんばずかん」は、これまで得られた知見や著者個人が見たもの、感じたものを、写真と文章にのせて著者の視点で表現した、しらかんばの他己紹介です。

1907shirakanba web

極力、科学的な視点をベースとしつつ、科学っぽくない表現を心がけて紹介しました。モノいわぬしらかんばにしてみたら、不本意な紹介の仕方もあったかもしれませんが、そこはしらかんばのいろいろな面を知ってもらって、愛着をもってもらいたいという意図に免じて、容赦してもらいたいと思っています。
しらかんばの、個性や生き様を感じていただき、少しでも愛着を持っていただけたなら幸いです。
でも、しらかんばという木だけが特別に個性的だということではありません。ほかの樹木にもそれぞれに面白い個性がありますし、樹木に限らずほかの生き物にも、それぞれに生き様があります。

次は、「ナニずかん」をやるの?という、うれしいお声がけもいただきましたが、今のところは何のずかんもやる予定はありません。月イチで短文を載せる程度のつたない連載でも、締め切りに追われるというのは、結構大変ということを知りました。また、気が向いたら何かやるかもしれませんが。
一年間のお付き合いありがとうございました。

◆帯広の森はぐくーむ/木育マイスター 日月 伸

しらかんばの「樹皮」 -  2019.06.20 Thu

「しらかんばずかん」6月号

幾分かの湿度をたたえた白樺林でした。
白樺の幹にナイフで切れ目を入れると、そこからフワーッと、まるで浮きあがるように樹皮がめくれていきました。
数年前の夏、白樺樹皮細工の作家さんにご一緒していただき、初めて樹皮採取をした時の記憶は今も鮮やかです。樹皮をはぎ取った後の白樺の幹は、しっとりと冷ややかで木の静かな生命を感じたような気がしました。
白樺の樹皮はしなやかです。でも、それで編み上げたカゴはとても丈夫で、何年も使い続けることができます。
北の大地に真っ先に芽を出し、根をはって、やがて林をつくる、パイオニア(開拓者)ツリーとも呼ばれる白樺。しなやかさとたくましさは、白樺の木そのものの生き様にも重なるような気がします。


190601.jpg


◆帯広の森はぐくーむ/木育マイスター 日月 伸

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリー

NEWS (5)
木育ファミリーの活動 (11)
あれも木育、これも木育 (5)
木育リレーエッセイ (13)
連載 (15)
広報活動 (1)
会員数と賛助会員紹介 (1)
お問い合わせ (1)
未分類 (0)

リンク