topimage

木育ランチ会の報告 -  2019.07.17 Wed

6月29日(土)むかわ木育の学校において、木育ファミリーによる地元むかわ町の皆さんへ「木育ランチ会」を実施しました。
これまで総会時の昼食にはむかわ町の皆さんに、おいしい地元食材のBBQを何から何まで用意していただいていました。しかし今年は木育ファミリーのメンバーで、むかわ町の皆さんに「サクラの花と山菜の木育ちらし寿司」と「キノコ汁」をご提供し、さらに昔懐かしい遊びも交えながらの交流を深める企画をしました。

190701.png

190702.jpg

木育ランチの支度は学校内で。お昼時に間に合うよう、朝から準備が始まりました。まずは穂別特産のお米を炊くところから。ちらし寿司の生命線でもあるお米が上手く炊けないことには始まりません。初めて使うガス釜で大量のお米を炊けるか不安でしたが、思わずにっこり。ご飯が炊けてちらし寿司の準備へと。一方ではキノコ汁の準備。こちらも大きな鍋で作ることは普段は行っていないので要領が掴みづらかったですが、こちらも何とか完成。
子どもたちにもお願いして、飾り用の笹を洗ったり、枝で作ったハンマーを使ってキュウリを軽く叩いて即席漬けを作ったり、お手伝いをしてもらいました。

190703.png

190704.png

190705.jpg

190706.png

もう一方の屋外では食事の支度が整うまで、木を使った懐かしい遊びを子どもからお年寄りまで体験していただきました。
「孫が2人いるから、2つ作らないと」
周囲のおじいさんに冷やかされながらも2つの枝ケンを制作するおばあさん。
木の幹を鋸で切り、木の輪切りの重心点を探しながらぶんぶんゴマを制作する子どもたち。初めて作るものに戸惑いを感じながらも、最後は遊べる道具に作り上げていました。
保護者に遊び方を教わったりしていましたが、基本的に子どもたちは遊び上手。楽しく遊んでくれました。

190707.jpg

190708.jpg

190709.png

190710.png

さて、食事の用意が整い、木育ランチのスタートです。どのくらいの人が来てくださるかは全然わかりませんでしたが、地元友愛クラブのお年寄りや親子連れ、役場関係者を含め多くの方にご参加いただきました。
むかわ町の皆さんへのほんのささやかなおもてなしでしたが、最後には「今度は私たちがお返ししますから」という言葉をいただき、親睦を深めることができました。

190711.jpg

190712.jpg

190713.jpg

190714.png

2019年度木育ファミリー総会報告 -  2019.07.17 Wed

木育ランチ会終了後に、2019年度木育ファミリーの総会を開催しました。
開催に先立って木育ランチ会にもご参加いただいた齋藤穂別支所長からご挨拶をいただき、その後に昨年度の活動と会計報告を承認。今年度の活動計画と予算についても承認されました。

また、今年度は運営委員改選の年でもあることから、事前に意思表明をされた14名においても承認されました。さらに木育ファミリーの発足時から長年にわたり代表運営委員としてご尽力されてきた煙山泰子さんから、齊藤文美さんが新たな代表運営委員として選出されました。煙山さんには、今後も顧問として団体を支えていただくことになっています。

190720.jpg

190721.png

190722.jpg

新たな運営体制となりますが、木育の原点を振り返りながら、これからも「居心地の良い場所」と質の良い木育体験を提供できるよう活動していきたいと思います。
本年度の運営体制は下記のとおりです。

190723.jpg

2019年度木育ファミリー役員名簿(五十音順.敬称略)

〇運営委員(印 代表運営委員)
 阿部 博美(北海道水産林務部)
 石谷 成規(共游の森)
 大石 拓人(帯広の森・はぐくーむ)
 熊尾 美香(北海道石狩振興局)
 齊藤 香里(ようてい木育倶楽部)
齊藤 文美(ようてい木育倶楽部)
 酒井 なおみ(どさんこミュゼ株式会社)
 佐々木 健人(北海道水産林務部)
 日月 伸(帯広の森・はぐくーむ) 
 西川 栄明(ノンフィクション・ライター)
 根井 三貴(北海道石狩振興局)
 濱田 智子(北海道十勝総合振興局)
 松田 麻子(苫小牧広域森林組合)
 宮本 秀樹(株式会社流山)

〇事務局
 阿部 博美、熊尾 美香、齊藤 香里、酒井 なおみ

〇監事
 種市 利彦(北海道日高振興局)

〇顧問
 煙山 泰子(KEM工房)

〇特別名誉会員(故人)
 辻井 達一、堀尾 時司
   
■木育ファミリー会員数(2019年3月末)
 個人会員 69名
 賛助会員 3団体

道民森づくりの集い2018  -  2018.10.18 Thu

3003.jpg


9月30日(日)野幌森林公園で「道民森づくりの集い2018」が開催されました。
胆振東部地震や台風の影響も心配でしたが、北海道開拓の村の屋内と入口広場に「森のテント村」を設営し、森づくり活動の発表や製品の展示販売などが準備され、森林活用課長(濱田智子さん)の「北海道の元気と、北海道の森の素晴らしさを伝えたい」との力強い挨拶でオープンしました。

3004.jpg

木育ファミリーは実行委員として団体参加し、当日は会員5名(阿部、齊藤夫妻、下村、煙山)に、木育マイスター実地研修生4名が加わり、全員9名で分担してグリーンウッドワークと白樺細工のコーナーを運営。

3005.jpg

今年の来場者は例年より観光客が少なく、このイベントを目的にした友人や家族連れの方が、ゆっくり時間をかけて楽しんでいる様子が印象に残りました。

3006.jpg

体験メニューは、ノコギリと手回しドリルを使う「トントン・ハンマー」、生木を削って作る「小さな木の家」、「白樺のコロコロ・マスコット」の3種類。


3007.jpg

3008.jpg

3009.jpg

3010.jpg
木育マイスター研修生も活躍しました!


3011.jpg
大人にも、子どもにも、一番人気の「トントン・ハンマー」


3012.jpg
「小さな木の家」


3013.jpg
「白樺のコロコロ・マスコット」


3014.jpg
ツリーイング(木登り体験)


3015.jpg
棒まきパン


3016.jpg
キノコ展示

木育カフェ「白樺づくし」その3 -  2018.09.17 Mon

◾️自作のカップホルダーで味わう白樺樹液コーヒー(講師:煙山泰子 会員)

採取したばかりの樹皮で、ペーパーカップ用のホルダーを作りました。
これは次に「アイヌ式白樺の器」を作るため、樹皮を糸で縫いとめる練習も兼ねています。
まずは、型紙(幅6.5×26センチ)に合わせてハサミで樹皮を切ります。

3009 03

3009 04

クルッと筒状にしてキリで3個の穴を開け、縫い始めは右穴の外側から糸で2重にかがります。
次は内側から中央穴へ針を出し、左端も2重かがり、そして中央穴の外側で結び留めます。
糸は少し長めに残して、タグをつけることもできます。

3009 05

今回使った針と糸は、太い「毛糸用とじ針」と編み物用「コットン糸」

3009 06

30分程で「マイ・カップホルダー」の出来上がり。

3009 07

早速、甘い香りの白樺樹液コーヒーをいただきました。
みんな満足そうな表情です!

3009 08

3009 09

3009 10


◾️アイヌ式白樺の器(講師:煙山泰子 会員)
次は、樹皮を折り紙のように曲げて白樺の器を作りました。
材料は25センチ角ほどの昨年採った樹皮です。乾燥して硬くなっているので、お湯に浸けて柔らかくしてから加工しました。

3009 11

今回の「アイヌ式白樺の器」の詳しい作り方については、PDF(A4)にまとめましたので参考にしてください。

3009 12

こうして、全員が1時間半ほどで完成!
紐の色を変えたり、持ち手をつけたり、個性豊かなオリジナル作品になりました。

3009 13



◾️白樺クラフト展示

3009 14

これ全部「しらかば 」です!中央手前が、大きなアイヌ式の器

3009 15

ロシアや北欧の白樺樹皮クラフト(スリッパ、編みカゴ、なべ敷き)関連書籍

3009 16

北海道産シラカバ材の皿、笛、編みカゴ

木育カフェ「白樺づくし」その1 -  2018.08.14 Tue

◾️樹皮の採取と処理の方法(講師:斎藤文美、香里 会員)

学校の敷地内にあるシラカバの木を使わせてもらい、樹皮採取の体験を行いました。
作業自体はそれほどむずかしいものではなく、おとなの手伝いがあれば小さな子供たちにも容易にできます。

【採取時期】6月末から7月初旬(その年の天候や地域により前後します)

3008 01

【剥がし方】
① ナイフで小さな四角の傷をつけ、剥がしてみて、使える材かどうかを確かめる。
② 良ければナイフを使って剥がしやすい長さに、一気に縦の傷を入れる。
(傷は思い切って深く切り込む)

3008 02

③ 傷の始まりと終わりに垂直に短い切り込みを入れる。
④ 縦長の切り込みにナイフの刃を滑り込ませ、樹皮と形成層の間を分けるように剥がしていく。
(このとき、形成層側に白く樹皮がくっついてくるようなら、その樹皮は使えない)
うまく剝がれるときは、ナイフを入れただけでなんとなく開いていく。樹皮細工の表面になるのは剥がした皮の内側。

3008 03

3008 04

当日は連日の雨で採取できるか心配でした。幸い雨の切れ目で、足元は少々ぬかるんでいましたが、下草をきれいに刈っていただいていたので、問題はありませんでした。採取する木から、事前に採っておいたサンプルを見せながら、手順を一通り説明し、作業に入りました。数人のおとなと、子供たちが体験しました。

3008 05

3008 06

子供たちの場合、おとながナイフで切り込みを入れて少し切り目を開いたところで子供と交代しました。通常のように幹に手を廻してはがすには子供の腕はみじかいので、皮のはじっこをつかんでそのまま幹の周りをぐるっとひと回り、まわってはがしてもらいました。
その得意そうな様子があんまり可愛いので、おとなたちはすっかり笑顔になりました。皮がはがれきって幹から離れると、まわりから拍手がおこりました。

3008 07

3008 08

皮をはがすときのバリバリいう感触のおもしろさや、はがれた皮のきれいな金色、つるつるの幹に香る樹液のほのかな甘さ、ひんやりとした肌触りは、おとなも子供も、思いがけない体験だったようです。

【樹皮の処理】
3008 09

白樺樹皮は薄い皮が何層にも積み重なっているので、使用目的によって理想の厚さに剥ぎ落としていく。
うまく剥がれないところは、先の尖った薄刃のカッターナイフを差し込んで、皮を起すようにすると良い。
保存する時は、乾燥を防ぐため裏面に蜜蝋ワックスを擦り込み、平らになるよう重しを乗せておく。

3008 10

採取後、教室にもどって必要な道具の紹介と、樹皮の処理の仕方を実演しました。子供さんが採った樹皮をカップホルダーの材料にと、樹皮処理したお母さんもいました。
最後に、むかわ町さんには材料の木を提供いただき、ありがとうございました。採取できた皮は、厚さも色の白さも油分のまわり方も、申し分のない良材でした。

【蜜蝋ワックスの作り方】PDFは、こちら

3008 11

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリー

NEWS (5)
木育ファミリーの活動 (8)
あれも木育、これも木育 (2)
木育リレーエッセイ (12)
連載 (12)
広報活動 (1)
お問い合わせ (1)
未分類 (0)

リンク