topimage

第44回全国育樹祭の報告 -  2021.10.19 Tue

◆第44回全国育樹祭の報告

木育ファミリーは、令和3年10月10日に開催された全国育樹祭に参加しました。
北海きたえーる会場にて開催された式典のオープニングアトラクションには、木育ファミリー顧問の煙山泰子氏が登壇し、森崎博之氏と木育をテーマに対談をしました。ファミリーのシンボルとも言うべき「木のタマゴ」が紹介され、その手ざわりに森崎氏も好感を持たれたようでした。

20211001.jpg
20211002.jpg

一方、木育ファミリーは会場に併設された『おもてなし広場』に出展し、「木育は心の森づくり」と題したパネルや制作物の展示に合わせて、削り馬によるグリーンウッドワークの実演を行いました。
参加スタッフは、熊尾さん、酒井さん、齊藤(香)、そして式典後に齊藤(文)さんです。

20211003.jpg
20211004.jpg

展示は好評で、式典招待者や、緑の少年団の少年少女、北森カレッジの学生、おもてなし広場のスタッフなど、たくさんの人達が訪れてくださいました。
特に削り馬ツリーの実演では、しばしば見学者の人垣ができるほど。子供たちの「すごい!」という歓声や、大人の見学者からは、珍しいものを見せてもらいましたという感想を頂きました。

20211005.jpg
20211006.jpg

式典でアイヌ舞踊を披露されたというアイヌ装束の男性は、ツリーとアイヌの祭祀に使われる『イナウ』との類似性について話され、イナウの作り方や材、刃物について説明してくださいました。また他の男性は、北方圏には類似の文化が散見されること、海外研修で同様の細工を施されたフワフワのヒツジの飾りを見た、と話しておられました。
鈴木直道知事は式典終了後、おもてなし広場に来られた際、ファミリーのブースを訪れてくださり、展示されていた2m50㎝のツリーをご覧になった後、実演していたスタッフに声を掛けられ、自ら削り馬に跨られました。ドローナイフを試されたあと、スタッフ一同記念撮影となりました。

20211007.jpg
20211008.jpg

「木のたまご」はブース内で展示販売していましたが、式典で紹介があったこともあって、多くの人が関心を持ったようです。スタッフは、そういう人たちに声をかけて、出来るだけ手にとるように勧めました。「いいんですか?」と言いながらタマゴに触れた人たちが、樹種によって色や重さによる違い、何よりもその手触りに「うわー、気持ち良い!」と、感動していました。

当日、秋篠宮皇嗣殿下の御臨席は叶いませんでしたが、ビデオメッセージによりお言葉を賜りました。その中に、『木育』というお言葉があったのです。
木育ファミリーの会員の総意である、木育の今後のさらなる発展を願っています。



「道民森づくりの集い2020」の報告 -  2020.11.16 Mon

当初「道民森づくりの集い2020」は5月9日に開催される予定でしたが、コロナ禍の影響により中止となりました。しかし、木育イベントなどの自粛による閉塞感の脱却や森づくりの大切さ等を伝える場を設け、さらに1年後に開催延期された「第44 回全国育樹祭」の開催に向けた機運の醸成を図るということから感染防止策の徹底等により10月17日道庁赤れんが庁舎前庭で開催され、木育ファミリーも例年通り参加しました。

t20201101.jpg

会員からは、熊尾さん、根井さん、斉藤夫婦、そして石狩振興局林務課の若い衆の横田さんがスタッフとして参加。ものづくり体験の内容は、二股の枝を使った枝ケン玉と、輪切り丸太のブンブン駒、葉っぱのフロッタージュの三種類でした。
通常なら観光客を含め大勢の人で賑わう場所ですが、今年はコロナ禍の影響で観光客は少なく、子連れのお客さんもまばらではありましたが、他のブースとの交流などを含め木育ファミリーのブースは途切れることなく、多くの方々に楽しんでもらうことが出来ました。

t20201102.jpg
木育ファミリーのブース(例年よりは手狭なブースです)

t20201103.jpg

t20201104.jpg
スタッフが事前にお試し制作

参加された方々……
「私たちもいいんですか?」
昔懐かしい遊びは子どもだけでなく、大人の方も楽しみたいもの。懐かしい遊びは年齢には関係ないですね。孫に作っていく人もいれば、自分の楽しみ作っていく人も。
とある夫婦はぶんぶんゴマづくりをしてくれましたが、コマの重心を見つけるのは奥様は苦手。一方の旦那様はあっという間に見つけ出す。穴に紐を通して完成させたぶんぶんゴマを回し始めると旦那様は上手く回せないのですが奥様は易々と回し始める。形勢は完全に逆転。旦那様のつまらなそうな姿は印象的でしたね。
そして、今年は「北海道森と緑の会」が実施した赤れんが前庭の木々をめぐる「森づくりクイズ」と連携した「木の葉のフロッタージュ」を体験してもらいました。拾ってきた葉っぱをクレパスで擦ると葉っぱの細かな凸凹までが写し出され、子どもたちには喜んでいただきました。

t20201105.jpg
ぶんぶんゴマをお孫さんのために

t20201106.jpg
枝ケンのヘッドは様々。お気に入りのヘッドを選んで制作

t20201107.jpg
葉っぱのフロッタージュ

t20201108.jpg

例年なら削り馬を並べて、トンカチを作ったり、思い思いに木を削っていましたが、コロナ禍の影響により器具の消毒や人の配置を考慮し、今年は断念しました。削り馬は子どもたちと会話し触れ合いながら楽しんでもらえるもの。しかし、「新北海道スタイル」を実践しながらのイベント開催では現状では難しいです。この先どのような事態になってゆくかは全くわかりませんが、距離を保たず触れ合いながら「密」でイベントを楽しめるようになることは我々の願いかもしれません。


木育(プレ)カフェの報告 -  2020.03.17 Tue

木育ファミリー会員とその家族、職場つながり有志の計6名でべんがら(弁柄)染めを体験してみました。弁柄とは土から取れる成分を主とする顔料です。「古色の美」という染料店で弁柄染めの体験キットが販売されており、これを使えば水で溶いて絵の具のように使え、比較的簡単に染めることができます。

202003べんがら

草木染めが材料を集めてコトコト煮出したり、色を定着させるための処理が必要なことに比べると、水だけで行うことができ、取っつきやすい染め物と言えそうです。
この日は、弁柄顔料の体験キットと下染め剤につけておいたサラシを用意し、思い思いの模様を描いていきました。絵筆で直接デザインを描いていくこともできますし、板締め絞りという木の型に折りたたんだ生地を挟んで、模様を出すことにも挑戦しました。同じ形をした木の型に生地を挟み、クランプなどで強く固定すると、挟んだ部分だけは顔料が染まらず連続する模様を描けます。
色は優しい暖色が多く、茜、冬桜など色の名前も美しいです。カレーの発色スパイスのウコンは鮮やかなイエローが出ます。きりりと締まる藍を加えると、パレットの色彩にも幅が出て、色々な作品ができそうでわくわくします。
べんがら染めは、今年の木育ファミリーの活動として皆様にも参加してもらえるような形を考えています。
楽しみにしていてください。

「道民森づくりの集い2019」の報告 -  2019.09.18 Wed

木育ファミリーは9月8日開催された「道民森づくりの集い2019」に例年通り参加しました。天候の心配もされましたが風は強かったものの晴天で、たくさんの方に来ていただき盛況でした。

190901.png

会員からは6名(熊尾、煙山、斉藤夫婦、下村、吉田、)がスタッフとして参加。
ものづくり体験の内容は、削り馬を使った「木のトンカチ」と「枝の壁掛けフック」、二股の枝を使った「枝ケン玉」、輪切り丸太の「ブンブンゴマ」の四種類です。

190903-01.jpeg
木育ファミリーコーナー全体風景

190902.jpeg
体験メニュー

190903-02.jpeg
グリーンウッドワーク展示

190904.jpeg
準備完了!

私たちは開拓の村管理棟の屋内ブースなので開始直後はお客さんもまばらでしたが、すぐにどのコーナーもいっぱいになりその後は、ほとんど来場者の切れることはありませんでした。
このイベントも会場を野幌森林公園に移したことが定着し、一年一度の催しを楽しみに来て下さる方が増えた様子に嬉しく思いました。特にお子さん連れの家族が多く、時間をかけてコーナーをまわり二つ三つとじっくりと楽しんでくれた方も多かったようです。

190905.jpeg
削り馬

190906-01.jpeg
トンカチの穴あけ

190906-02.jpeg
ブンブンゴマ作り

190906-03.jpeg
大盛況でした

参加者の反応は・・・
割り当てられた広いコーナーにずらりと並べた削り馬、万力と鋸、枝や丸太などの材、各種道具類を見たお客さんたちから「すごいですね」と、感嘆の声が聞かれました。ファミリーの展示物にじっくりと目を通し、手で触れたり読み込んだりして、パンフレットを持ち帰る人も少なからずいました。
体験については、入り口にサンプルを分かりやすいかたちで掲げておいたので、参加者が作りたいものを明確にイメージ出来たのでしょう、戸惑いなく進行できました。その結果、皆さん密度の濃い木育体験を楽しまれていました。
講師スタッフも小さな体験参加者たちの、はにかみいっぱいの「ありがとう」と、自分の作品を大事そうに抱える様子に笑顔がこぼれました。こちらこそ、ありがとう!
お昼休み・・・
今回は自分たちも楽しもうと、1時間コーナーを閉めることにしました。ゆっくり昼食をとって、他の出展ブースを見てまわることができました。買い物をしたり、体験に参加したり、何より普段はめったにお会いできない仲間の方々と言葉をかわす機会を得られたことが大きな収穫でした。

190907.jpeg
棒まきパン

190908.jpeg
キノコのストラップ(塗装もできます)

190909.jpeg
胆振東部地震被災地へメッッセージを贈るコーナー

エピソード・・・
グリーンウッドワークに使われる材は柔らかくて、削るにも穴を開けるにも容易で、とにかく楽しい。鋸などの道具経験者のお子さんも、初めての感覚が楽しくって、ついつい削り過ぎてしまった子もいたほど。ハンドドリルで穴をあける作業はけっこう力を使う大変な作業なのに、どの子も大好きで夢中でした。
ハンマーなはずなのに柄を短く切るのがもったいなくて、長いまま意気揚々と担いで行ったあの子。ご両親は笑いながらちょっと渋い顔をしていましたが、帰ってから武器よろしく振り回して、お家に被害が出ると申し訳ないですね。
ブンブンゴマは重さの中心をとるのが大変。細い棒の上にうまく輪切りをのせなくてはいけません。上手くできない子にどれどれと、お母さんもやっぱりダメで、いよいよお父さんの出番。家族で頭を寄せ合って頑張る姿がほのぼのでした。
出来上がったブンブンゴマをまわすのも、枝ケン玉であそぶのも、ちょっとしたコツが必要。ここでもお父さんが活躍する場面が頻発し、「へえ、上手いじゃない」と奥さんに言われて照れくさそうに微笑んでいるのを、見てしまいました。
みんなで体験参加してくれたファミリー。お父さん、お母さん、お子さんと思い思いに作りたいものを選び、みんな違うものを作って行かれました。ばらばらに作業していても、最後は自分たちの作ったものを掲げて仲良く記念撮影。その笑顔を見ながら、何ともすてきなご家族だなあと思いました。

倒木活用プロジェクト(仮)&代表就任のご挨拶 -  2019.08.15 Thu

札幌では68年ぶりに真夏日が連続10日間、熱帯夜が観測史上初の3夜連続と今年は暑い夏を体感することになりましたが、それでも北海道の夏は短い。お盆を過ぎればすぐに秋風を感じられるようになります。長い冬を思うと短い夏の思い出は印象付けしたいもの。限られた時だからこそ、その時間は大切にしていきたいものです。

さて、7月の総会報告のでもお伝えいたしましたが、木育ファミリー発足から代表運営委員を務めていました煙山泰子さんから私こと齊藤文美が今年度からそのバトンを受けることになりました。その役を仰せつかることは入会した時は全く思いも寄りませんでした。
木育に関わってまだ日は浅いですが、この時を与えていただいたことに感謝し、これまで築き上げてきた諸先輩方の想いをしっかりと受け継ぎ、さらに質の良い木育の提供を目指したいと思います。会員の皆さんだけでなく、木育に関わる方々にも何時でも「お帰りなさい!」と出迎えられる居心地の良い場所にしていきたいと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

20190801.jpeg

今年度の木育ファミリーの事業は、9月に開催される道民森づくりの集いなどの参加を予定していますが、昨年9月の台風で「むかわ木育の学校」の学校林に発生した風倒木を活かすプロジェクト、「倒木活用プロジェクト(仮題)」を検討しています。
学校林の風倒木は昨年ボランティアなどによって片付けられ、敷地内はプレーパーク等に利用されていましたが、馬搬で移動された風倒木は校舎の横に積まれたままになっていました。

20190802.jpeg

過去にも北大のポプラ並木が台風の被害を受け、その倒木を活用した「木育絵馬プロジェクト」を行いましたが、ここでも「木は二度生きる」を再現したいと考えています。
http://www.mokuiku.net/4_katsudou/4_katsudou_65.htm(木育絵馬プロジェクト)

20190803.jpeg

可愛らしい丸太のイスなど活用方法等はこれから考えていきますが、皆さんが関わりを持て楽しめる企画にしていきますので、決まりましたらお知らせいたします。「木とふれあい、木に学び、木と生きる」を是非皆さんと実感できればと思っていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

20190804.jpeg

20190805.jpeg


木育ファミリー代表運営委員
齊藤 文美

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリー

NEWS (7)
木育ファミリーの活動 (13)
あれも木育、これも木育 (9)
木育リレーエッセイ (20)
連載 (27)
広報活動 (1)
会員数と賛助会員紹介 (1)
お問い合わせ (1)
未分類 (0)

リンク