topimage

『葉っぱのお弁当箱』デビューする -  2018.06.19 Tue

6月初めの週末に、北海道森と緑の会主催の「木育ひろば」にお招き頂き、木製パズル作りのイベントを実施しました。
ヤマザクラやイチョウなどの木の葉の形をした木片を木枠に嵌め込んだパズルに手製の図鑑を見ながら自由に色付けして、もう一度組み上げるというものでした。塗料は、和信科学工業さんの木工製品のための、ガードラックという製品を使いました。多色で子供にも塗りやすく、色味の良い、乾いたあとの発色も鮮やかな逸品です。
体験資材として考案し、『葉っぱのお弁当箱』と名付けましたが、何人かの知人に試して貰ったほかは、今回初めてのイベントデビューでした。

3006_01.jpg

子供たちはどんな反応をするかしら? おとなの人もやってくれるかしら? ワクワクします。期待どおり、好奇心いっぱいの目に囲まれて始まりましたが、絵の具のビンを倒したり、付け過ぎて手や服をドロドロにしたりと、なかなかにぎやかな様子でした。初めて筆を握る子とお母さんの頷き合う眼差しも。子供たちって本当に色を選んだり塗ったりが好きなんだなぁって思いました。

3006_02.jpg

3006_03.jpg

さて、ここからがパズル遊びです。さっき自分で色付けして作り上げた10枚の葉っぱと2個のドングリを元あった木枠に収めるだけのこと。それも決まった形はなく、10人居れば10通りの完成にたどり着く不思議さ。中にはひとりで30通りの完成図を見せてくれた人まで居ました。(ずいぶん楽しみましたね?)
「このホオノキが大きすぎるんだよ」「わたしはイタヤカエデが入らない」
「カツドン(カツラのこと)はまれ!」
葉っぱの裏にある字を見ながら、ちゃんと名前も覚えてくれているようです。ところが最初入っていたはずの葉っぱは簡単には枠の中に納まってくれません。大きいのやデコボコのや長いのやら……。

3006_04.jpg

3006_05.jpg

「これ、ほんとうに入るのかい?」聞いたおとながいました。
「もちろん。必ず入りますよ」ニヤッとわらってうけ合いました。おとなはかえってむずかしいかも……。特別に頭を使って(よくよく考えて)入れようとするおとなの人が苦戦しているのを何度か見ているからです。
私たちはパズルのようなゲームをする時、何か必勝の法則があると考えがちです。この葉のギザギザとこの葉のカーブはぴったり合うように作られているに違いない、というように。角をキッチリつめて、すきまを作らないようにすれば上手くいくだろうと。
でも、まってください。そうした細部にとらわれて全体を見ていないことが、物事が円滑にいかない原因なのかも……。反対にこのパズルが得意な人たちもいます。でたらめに手を動かして、ものの5分であっという間に組み上げてしまいました。
「考えない。だって、入ればいいんでしょう。見たとたん、ああ、できるって思ったの」前者と後者はどう違うのでしょうか?
「直感みたいなものかな。私の場合、きっと感覚でやってるんだと思う」そう言ったのは日頃から五感を研ぎ澄ませている、芸術に携わっている人でした。私が必要だと感じたのは、こだわりをすてて、物事をさまざまな方向から考えなおすことのできる柔軟な姿勢でしょうか。どちらにしても、けっこう木育よりな感じになってきたかも?と、ウキウキしてしまいました。

3006_06.jpg

3006_07.jpg

子供もおとなも「できた、できない」と、わあわあ言い合いながら、楽しげにイベントは続いています。お弁当箱に詰まったそれぞれに個性的な葉っぱたちは、秋の林床のように、はなやかな広がりを見せて、目を楽しませてくれています。

3006_08.jpg

「神の意図は計り難し」という言葉が思い浮かびました。自然は人の意図の及ばぬ世界です。このパズルの面白さもそこにあるのかな?と言ったら、このパズルを考え出したわが夫をほめすぎかな?と首をひねりました。 


◆木育マイスター 齊藤 香里

もくいく育児日記43~第二子の育ち方 -  2018.04.19 Thu

 娘の話。第二子である娘には、育児にこだわれていないなと思うことがある。
初めての育児だった息子の時には、離乳食用に木のスプーンを作ってみたり、木製遊具を持たせてみたり、不安なことも多くて育児支援センターにもよく通っていた。その結果なのかどうなのか、息子は気がやさしく、自然やものづくりにまあまあ興味があるが、神経質で人の顔色を伺っているところがある。

201804 02

娘にも、お下がりとしてスプーンも遊具も与えているが、木育の大切さをセットにしてという言葉がけはさっぱりできていない。木育に限らず、日々の忙しさや、息子にもまだまだ手がかかる現状で、娘にかけてあげる時間も少なくて、息子と比べるとかわいがってあげられてないのではと心配になる。でも、その分抱っこはしている。大事な存在だと伝えるようにしている。
わがまま放題の3歳児だが、よく笑い、よくしゃべり、よく歌う。そんな存在に振り回され、癒されもする。もっとこうしてあげたい、育ててあげたいとも思うけれど、それ以前にきっとたくましく育っている。

◆石狩振興局 根井三貴

私にとっての木育 -  2018.03.03 Sat

 よく「木育って何(をするの)?」と聞かれて悩むのですが、ベースとしては難しいことじゃなくて、木(=樹木=森林)を好きになってもらうための活動だと思っています。
そこには利害関係があって、木が好きな人が増えることは、林業関係、建築関係、ものづくり関係、行政関係者にとっては、直接・間接的なメリットなのです。
だから、地道な普及活動であり、営業活動であり、広報活動である訳で、私は「木育」を単体として切り離すことには抵抗があります(もちろん新たな木の楽しみ方はうまれていくのでしょうが)。
あくまで、基盤として木にまつわる産業と古くから生活に木を活用してきた文化があり、その応援団的立場として「木育」という、行政も使いやすい言葉のもとにいろんな立場から働きかける。
「木育」はその合い言葉であり、垣根を越えて全体で応援しあうための言葉なのではないでしょうか。

201803_05.jpg

だからアプローチはいろいろ。北海道でいわれる「あれも木育、これも木育」とはその面で共感する言葉であり、しかしながら「木を好きになる」工夫・働きかけがなければ全く木育ではないとも思う訳です。
例えば木工作の体験をするのに、素材が外材であってもその木の美しさを相手に伝えて感動を引き出せれば「木育」だと思うし、逆に地域材を使っていてもただの素材としての扱いであれば木育ではないと思います。
木育でなければならないという訳でもなく、木育以上に木工の方がよく伝わることもあります。使い分けるところや何に重きをおくか(私は木育という言葉には他者への働きかけ、木工という言葉には作ることや作品へのこだわりを感じています)が大事なのではないでしょうか。
最近は、新しい言葉である「木育」が乱暴に登場することが多いと感じます。「木育」という言葉が普及したからこそ、一人一人の実践者が木育という単語以外で自分の想いを表現できれば、よりよい活動になると思います。

201803_03.jpg

「育」という言葉に捕らわれがちだけど、教育が最終目的ではなくて、現状離れてしまった「木との距離感」をいかに縮められるか、そして人と木がますます仲良くなること、それが私にとって木育の目的です。

◆ むかわ町 / 木育マイスター 草刈万里子

木育は誰のもの 〜ソーシャルインクルージョンという考え方 -  2018.02.12 Mon

 以前、介護施設に勤めていたとき、庭に大きなカシグルミの木があった。その年はとくに実生の物のあたり年で、まるまるとした青いクルミがたわわに実っていた。ご高齢の利用者さんたちが外に出て何かする機会はそう、多くはない。お天気もよく、暖かい午後だったので、クルミ拾いをしてもらうことになった。
 思いおもいに大木の根元を歩いて落ちているクルミをひろう。窓越しにみんなの様子を見ていた私だったが、やがて手に手にクルミではち切れそうな袋を抱えて戻って来たお年寄りたちの様子が、すっかり変わっているのに気づいておどろいた。皆、目が輝いている……。あの人、いつもは椅子に腰掛けたまま、トイレに行くにもおっくうそうにしているのに、今はあんなに元気に歩いている。あの人は最近ふさぎ込んでいたが、にこにこ笑って、頬っぺたが赤い。聞くところによると、ある人はもっと取りたくて梯子に登ろうとし、職員が肝を冷やしたという。そして入って来しなに、あの人が私に言った言葉。
「今まででいちばん楽しかったわ!」

27783755_1408529432592816_221857782_n.jpg

 クラフトイベントのときも、いくどもそういったお年寄りの参加者との出会いを経験してきた。作り物をしながら、自分のこれまでの人生について、訥々と話す人がいた。きっと、誰かに聞いてもらいたかったのだろう。隣に居合わせたお客さんが、相づちを打ちながら、ずっと聞いてあげている。かと思えば、「これ、作ったらもう一度受付して、また戻って来るから」と、一心不乱に作っているおばあさまもいる。なんでもお孫さんが二人おられるそうで、「いつも私が何か作って持って行ってあげるとよろこぶのよ」と、うれしそうにおっしゃった。この人は、大切に思ってくれる家族に囲まれてくらしているのだな、と感じた。
 一方、若い世代からのアプローチもある。木のスプーンを作っていたある親子は急いでいて、あまり時間がなかった。途中まで作って、あとは帰ってから完成させる、という。「道具はあるのですか?」と聞くと、「それは大丈夫、おじいちゃんが持っているから」「じゃあ、分からないところがあったらおじいちゃんに聞けますね」お母さんと男の子はにっこりと頷いた。おじいちゃんが昔取った杵柄で、孫の尊敬を一身に集めながら、ニコニコしている姿が目に浮かぶ。
ソーシャルインクルージョンとは、障がいのある人も、社会的弱者も、そうでない人も、すべての人を包み込む社会をつくっていこうという考え方だ。世間には色々な人たちがいる。当然、様々な事情をかかえている。そうした中で、木育が望まれている形も一様ではない。

02-1.jpg


 ある日、何気なくテレビを見ていたら、地下鉄車両の車椅子スペースの話をしていた。正式に何というのかは分からないが、シルバーシートの向かい側にある座席のない空間がある車両を時おり目にする。どうやら車椅子やベビーカーを置くためにあるらしい。どう思うか、というインタビューに答えて、「入口の所にベビーカーが置いてあると乗り降りがしにくいので、そういうものを設けることは必要だと思う」と言っていた。全体にそのスペースを利用する立場にある人とそうでない人が共に地下鉄を利用するために有益なシステムである、というような論調であったように記憶している。
 そういうスペースやシルバーシートは誰が、どう使うためにあるのだろう。社会的弱者といわれるお年寄りや妊婦さん、障がいを持つ人や小さい子供を連れたお母さんが安心して利用できるようにと作られたものではないのだろうか。決してそこに社会的弱者を囲い込むためのものではない。基本的には全ての席がシルバーシートであらねばならないはずだ。弱者を守り包み込む社会とは、インフラのみが充実した環境ではなく、共に支え合うことを目標に掲げて生きる、その心構えを持った人達が作り上げるシステムをいうのではないだろうか。知識を身に付け、想像力を養い、人の痛みを我がこととする。そして何の気負いもなく息をするように自然に、必要としている人に手を差し伸べてあげられる。差し出された手をありがとうと笑って、握り返すことができる。そんな人と人とのつながりが真に成熟した社会を創っていくのだ。そしてそれが、こうしたさまざまな人たちを迎える活動を通して、木育が達成すべき目標の一部なのだと思う。

03.jpg


 取り分け印象に残っているできごとがある。あるクラフトイベントで障がい者のグループが参加してくださったことがあった。事前に「可能だろうか」との問い合わせがあった。少し難度の高い作りものだったため、講師以外に一人に一人の補助がつくのが望ましいと回答した。しかし、引率者は全体で一人のみという。当日講師は三人しかいない。参加グループは五人。難しいだろう、という結論が出された。でも、ちょっと待って! もう一度考えてみよう。できない、といってしまうのは簡単だけれど、それでよいのだろうか。せっかく申し出てくれたつながりをこちらから断ち切ってしまうのは悲しすぎる。私たちは覚悟を決めた。うまくいかないかも知れないけれど、最善をつくすから、とにかくやってみてほしいと提案した。そして全員が席につき、講師たちはくるくると参加者のあいだを廻りながら製作をすすめていった。座学部分を全てそぎ落としたにもかかわらず、予定の二倍近い時間を要して、それでもなんとか、全員がほぼ満足する形にできあがった。あとで講師の一人が、ある体験者はあまり手が使えなかったので、ほとんどの部分は私が手助けしました、と告白した。でも、その人は楽しそうでしたと。それでよい。たとえ自分は少ししかできなかったとしても、その人ができるかぎりの力をつくすことによって満足してくれたなら、目的は充分に達成されたと言ってよいだろう。のちにその方たちは、お礼の言葉と写真を送ってくださった。お礼を言うのはこっちのほうだ。あの方たちこそ、私たちの先生だったといえる。始終笑顔でうなずきながら、教え手である私たちを励ますように接してくださった姿を思い出す。そして、最後まで投げ出さず、真摯な努力で物を作り上げていくその情熱に、私たちは深い感銘をうけたのだ。
おくられた写真の中で、その成果である白樺のオーナメントは、まるで勲章のように、作り手の胸に輝いていた。

◆ ようてい木育倶楽部 / 木育マイスター  斎藤香里

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリー

NEWS (3)
木育ファミリーの活動 (1)
あれも木育、これも木育 (2)
木育リレーエッセイ (4)
広報活動 (1)
木育リンク (0)
お問い合わせ (1)
未分類 (0)

リンク