topimage

2021年度木育ファミリーの活動について -  2021.06.15 Tue

木育ファミリー会員のみなさまへ

総会&木育カフェを例年6月に開催しておりますが、新型コロナウイルスの感染状況を鑑み、昨年に続いて今年もメールもしくは書面での開催とさせていただくこととなりました。
会員の皆さまとお会いできる貴重な機会でもある総会を、このような形で行うのは大変残念ですが、ご理解いただけたらと思います。
総会資料などについては、後日お送りさせていただきますので、決議についてご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

202106001.jpg

また、今年10月には第44回全国育樹祭が開催されます。木育ファミリーは10月10日に札幌で行われる式典行事の「おもてなし広場」に実演・展示で参加を予定しています。開催テーマ「木育」の楽しさがが来場者に伝わるよう、感染対策に留意しながら実施したいと思っています。
自粛が長くなり何かと不自由な状況が続いておりますが、どうぞ皆さまご自愛ください。

むかわ木育の学校のこと -  2021.06.14 Mon

木育ファミリーの拠点である「むかわ木育の学校」。これまで多くの方々と交流を深めたこの学校ですが、コロナ禍の影響でここでの活動がすっかり途絶えてしまっています。コロナ禍の収束の姿は未だに見えてきませんが、活動再開に向けて準備していきたいものです。

私がこの学校と関わりを持ったのは、2012年の総会から。ちょうど木育ファミリーがグリーンウッドワーク(GWW)の活動を始めた時期と重なります。自分が木育に対してどのように取り組んでいこうか、糸鋸を使った木工を中心に活動していたものの木育とはちょっと違うかなと思っていた頃にこの学校でGWWと出会いました。そして、その年にGWWの用具の組み立ての手伝いをしたことをきっかけに、「北のグリーンウッドワーク・スキルアップ研修」への参加、また削り馬を使った各種イベントでの手伝い、さらには自作で削り馬を制作し出展しながら木育の普及にあたってきたところです。

20210601.jpg
自作の削り馬

20210602.jpg
ツリー作り

しかしながら、GWWを取り入れながら木育の普及にあたっている人はまだ多いとはいえず、木育マイスター育成研修でもGWWが講義の中に取組まれていますが、木育マイスターでも実践されている方は少ないと感じています。これは、自前の用具を持っていないことや材料が手に入れられないことなどが積極的な取組の妨げになっていると思われます。
これまでのイベント出展等で私自身が感じたことは、子どもたちが作るものに関係なく削り馬を使って木を削っている時の体験こそが木とのふれあいの入口ではないかと。この取り組みはもっと広げていかなければならないと。

20210604.jpg
削り馬体験

私が「木育」のあり方を学んだ場所で、今度は皆さんに同じような気持ちになって欲しい、言わば恩返しをしていかなければならないと考えています。
今、むかわ木育の学校には、GWWを実践していただける道具が備わっており、使えなくなってしまっていたストーブも町のご好意で新しいものに替えていただき、年中この教室を利用することも可能になりました。

20210605.jpg
足踏みロクロ

20210606.jpg
木育ファミリー教室

20210607(new).jpg
新しいストーブ

コロナ禍で先の見えない状況は続きそうですが、私としてはこの学校を拠点としてGWWを活用しながら、木育の普及のための勉強会などを開催しますので、是非ご参加ください。



◆木育ファミリー代表運営委員 齊藤 文美

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリー

NEWS (7)
木育ファミリーの活動 (13)
あれも木育、これも木育 (9)
木育リレーエッセイ (20)
連載 (27)
広報活動 (1)
会員数と賛助会員紹介 (1)
お問い合わせ (1)
未分類 (0)

リンク