topimage

大人の木育講座 第3回 報告 -  2023.03.13 Mon

3月2日(木)、札幌エルプラザ中研修室にて西川栄明さんの企画による「第3回大人の木育講座」を開催しました。

20230301.jpg

講師の斎藤直人さん(北海道立総合研究機構 林産試験場 専門研究主幹)は、現在、ミズナラをはじめとする道産材を用いたウイスキー樽の研究に携わっておられます。
講演のテーマは、「なぜ、ウイスキー樽の素材にミズナラが使われるのか~林産試験場の研究者が、ウイスキー樽の不思議をわかりやすく解説~」です。
今回の参加者は、木工や木材関係を中心に幅広い分野より定員50名近くにお集まりいただきました。木材の専門知識にたいする関心の高さでしょうか、連続参加のかたも多いようでした。

20230302.jpg

ミズナラ材の樽で熟成されたウイスキーは、繊細で複雑な香りや味わいを醸し出すといわれています。
斎藤さんのお話しは「木材の研究者が解説するウイスキー樽の不思議」と題して、北海道の森林資源にはじまり、次に木材の性状についての基礎的知識からウイスキー樽の機能へとすすみます。

20230303.jpg
斎藤さんのスライド資料より

20230304.jpg

同じナラ材の樽でも、アメリカのバーボン・ウイスキーに使われるホワイトオークと、イギリスのミズナラでは、道管の大きさと成分が違うので熟成する際の条件が変わることなど。木材の成分や性質などを研究してきた化学者の視点から、樽の内部で起こっているウイスキーの熟成(機能・作用)について説明がありました。

20230305.jpg
20230306.jpg

次に各種の香り成分については、研究の成果品である18種類の香り成分を付箋紙に浸けて、各自に渡してくださいました。よく嗅いだことのあるトドマツやラベンダーにはじまり、木材由来の香り、煙由来の香り、発酵・貯蔵由来の香りと続き、ミズナラ、サクラ、カラマツなど新たな樽材の可能性まで・・・各自が調香師のように次々と体験しました。

最後には、ジャパニーズ・ウイスキーを国産ミズナラ樽で作ることの現状について。
・樽用ミズナラには樹齢150〜200年(末口40センチ以上)の原木が必要
・パルプ用材でも良いが、歩止まりは悪い(20%以下)
・ミズナラ樽の需要は高いものの、唯一の国内工場でも年間数十樽の制作
・大手メーカーは自社で樽加工できるが、地域の蒸溜所には技術職人が不在で補修困難
・樽作りには、施設と設備が必要
これらの点で、なかなか道は険しいと感じました。しかし北海道のミズナラ樽を使ったウイスキーは貯蔵30年を過ぎると、メロンやチョコレートのようなとても良い香り(酢酸フェネチルエチル)が出るそうです。
お酒は飲めませんでしたが、たくさんの香りに包まれた夢見心地の講座でした。

20230307.jpg

これで、連続3回の「大人の木育講座」が無事終了しました。厳寒期にもかかわらず、道内各地から皆さんご参加いただきありがとうございました。各講師の方々にも貴重な機会をつくっていただいたことに感謝しています。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリー

NEWS (13)
木育ファミリーの活動 (22)
木育の種、咲かせた花 (13)
あれも木育、これも木育 (11)
木育リレーエッセイ (21)
連載 (36)
広報活動 (1)
会員数と賛助会員紹介 (1)
お問い合わせ (1)
未分類 (0)

リンク