topimage

木育の種、咲かせた花~第11回 もくいく育児日記中間まとめ -  2024.02.12 Mon

木育ファミリーのHPという場で、育児日記の掲載を始めたのが2011年のこと。それから不定期に細々と連載を続けてきて、現在息子が小学6年生、娘が2年生となった。
私自身は森林所有者でもなく、木育を育児に取り入れようといっても、木材側に偏っており、たいしたことをやれてきたわけでもないが、ここまで約10年間、連載を続けてきた中で、実践したこととその効果を振り返ってみたいと思う。

〈実践したこと〉
・子ども用に木のスプーンを手作りし、離乳食の時に使ってみた。
トドマツを彫刻刀で削ってスプーンにしたものを、離乳食に使用していた。やわらかい木がゆえに、しばらく使用するとぱきっと欠けてしまい、処分することになってしまったが、木のスプーンは触感がひやっとせず、乳幼児にはよかったのかもしれない。また、お茶碗をどんどん割られてしまう時期があり、子どもが小さいうちは椀物も木製がおすすめ。

20240201欠けたスプーン

・グリーンウッドワークで子ども椅子を作成した。
当時、むかわ町でグリーンウッドワークを始めたばかりの頃。木育ファミリーの総会兼体験プログラムに集まった人たちの協力を得て完成した木の椅子は今でも宝物。わが子どもが座るには小さくなったが、現在は携帯置き場として活躍。

20240202ゴッホ椅子

・部屋の主役になるようなダイニングテーブルをオーダーメイドした。
育児に活用というよりは、自分が欲しかったために、木育でつながった木工家さんにオーダーして、こたつ布団がはさめるダイニングテーブルを作ってもらった。どんな効果があるかはわからないが、部屋の主役となる重量感のあるテーブルが鎮座していることは、もしかすると子どもたちの原風景になっていくのかもしれない。

・参加できる木育イベントには極力参加した。
イベントの中でも、木のものづくり体験には好んで参加した。ツリー、枝のけん玉、スプーン、鉛筆、カスタネット、木のアクセサリー…今、集められるだけでも多数。実際にはもっと作っている。形に残るものは思い出にも残りやすいらしい。

20240203これまでの作品群

〈子どもへの効果〉
・ものづくりを好み、手先が器用になり、好きな教科は図工になる。
・ランドセルに木のストラップをつけて登校している。
・キャラクターは木・草属性がお気に入りになる傾向がある。
・たき火であぶったマシュマロが好き。

最後に、息子にまつわるエピソードを一つ紹介させてもらい、連載のまとめとしたいと思う。
小学校の参観日のこと。今は小学生に一人一台タブレットが配布されていて、授業でもタブレットを活用して、様々なことを調べるらしい。
学習のテーマはSDGsで、その取組の中から自らが課題を選んで、クラスメイトや保護者の前で発表をするという内容だった。他の発表が、海洋汚染や外来種といったテーマが多い中で、息子が選んだテーマは森林破壊だった。今、世界的にどれだけの森林が失われているか、森林破壊を防ぐために自分たちが身近に取り組めることは何かなど、私が仕事で作成してもおかしくないような内容だった。

学校からの帰り道、息子に聞いてみた。
「SDGsの中で自由にテーマが選べたのに、どうして森林の話にしたの?」
 息子は、さもあたりまえという顔で答えた。
「だって、お母さんそういう仕事でしょ」
 そう言われたとき、私がここまでやってきたことは確かに子どもに伝わっているんだなと、報われた気持ちになった。
 育児はこれからも大変だし、正解も満点もないけれど、現時点で子どもに伝わっている思いがある。これを育児日記の中間報告として一区切りとさせていただきたい。ここまで読んでいただいた皆様ありがとうございました。


◆北海道水産林務部林業木材課 根井三貴

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリー

NEWS (12)
木育ファミリーの活動 (22)
木育の種、咲かせた花 (11)
あれも木育、これも木育 (11)
木育リレーエッセイ (21)
連載 (36)
広報活動 (1)
会員数と賛助会員紹介 (1)
お問い合わせ (1)
未分類 (0)

リンク