topimage

第44回全国育樹祭の報告 -  2021.10.19 Tue

◆第44回全国育樹祭の報告

木育ファミリーは、令和3年10月10日に開催された全国育樹祭に参加しました。
北海きたえーる会場にて開催された式典のオープニングアトラクションには、木育ファミリー顧問の煙山泰子氏が登壇し、森崎博之氏と木育をテーマに対談をしました。ファミリーのシンボルとも言うべき「木のタマゴ」が紹介され、その手ざわりに森崎氏も好感を持たれたようでした。

20211001.jpg
20211002.jpg

一方、木育ファミリーは会場に併設された『おもてなし広場』に出展し、「木育は心の森づくり」と題したパネルや制作物の展示に合わせて、削り馬によるグリーンウッドワークの実演を行いました。
参加スタッフは、熊尾さん、酒井さん、齊藤(香)、そして式典後に齊藤(文)さんです。

20211003.jpg
20211004.jpg

展示は好評で、式典招待者や、緑の少年団の少年少女、北森カレッジの学生、おもてなし広場のスタッフなど、たくさんの人達が訪れてくださいました。
特に削り馬ツリーの実演では、しばしば見学者の人垣ができるほど。子供たちの「すごい!」という歓声や、大人の見学者からは、珍しいものを見せてもらいましたという感想を頂きました。

20211005.jpg
20211006.jpg

式典でアイヌ舞踊を披露されたというアイヌ装束の男性は、ツリーとアイヌの祭祀に使われる『イナウ』との類似性について話され、イナウの作り方や材、刃物について説明してくださいました。また他の男性は、北方圏には類似の文化が散見されること、海外研修で同様の細工を施されたフワフワのヒツジの飾りを見た、と話しておられました。
鈴木直道知事は式典終了後、おもてなし広場に来られた際、ファミリーのブースを訪れてくださり、展示されていた2m50㎝のツリーをご覧になった後、実演していたスタッフに声を掛けられ、自ら削り馬に跨られました。ドローナイフを試されたあと、スタッフ一同記念撮影となりました。

20211007.jpg
20211008.jpg

「木のたまご」はブース内で展示販売していましたが、式典で紹介があったこともあって、多くの人が関心を持ったようです。スタッフは、そういう人たちに声をかけて、出来るだけ手にとるように勧めました。「いいんですか?」と言いながらタマゴに触れた人たちが、樹種によって色や重さによる違い、何よりもその手触りに「うわー、気持ち良い!」と、感動していました。

当日、秋篠宮皇嗣殿下の御臨席は叶いませんでしたが、ビデオメッセージによりお言葉を賜りました。その中に、『木育』というお言葉があったのです。
木育ファミリーの会員の総意である、木育の今後のさらなる発展を願っています。



木育は、視野偏狭であってはならない «  | BLOG TOP |  » その木育は、誰が求めていますか?

最新記事

カテゴリー

NEWS (7)
木育ファミリーの活動 (13)
あれも木育、これも木育 (9)
木育リレーエッセイ (20)
連載 (28)
広報活動 (1)
会員数と賛助会員紹介 (1)
お問い合わせ (1)
未分類 (0)

リンク