topimage

H30木育ファミリー総会と木育カフェの報告 -  2018.07.18 Wed

6月30日(土)7月1日(日)、むかわ「木育の学校」にて平成30年度木育ファミリー総会と木育カフェが無事終了しました。今年は道南や道東より家族連れの参加もあり、和やかで充実の一泊二日となりました。開催に先立って日頃よりお世話になっている、むかわ町の渋谷副町長にご挨拶いただきスムーズに議事が進行しました。

3007_01.jpg

3007_02.jpg

総会後は会員の活動紹介です。まず全員に配布したのは、帯広の日月(たちもり)さんから届いた『しらかんばずかん』16ページの総会限定版。
メッセージとして「今回の木育カフェのテーマ「白樺づくし」魅力的な響きにわくわくしました。このテーマで、自分ならどんなことができるか?考えてみて考えてみて『しらかんばずかん』をつくることにしました。(中略)楽しい、総会&木育カフェになりますように。」との言葉が添えられています。

3007_03.jpg

次に、斎藤さんが考案した「葉っぱのお弁当箱」を体験。一見すると易しそうなパズルですが、やってみると奥深さに大人も子どもも没頭していました。

3007_04.jpg

3007_05.jpg

その後の木育カフェは、「白樺づくし」をテーマに樹皮の採取体験、加工、小物づくりを楽しみました。夕食交流会では樹液しゃぶしゃぶを堪能!そして、むかわ町の太田さんが仕込みを担当した「白樺トーチ」も美しく炎を上げて演出効果は大成功。夜の木育トークでは、岐阜県立森林文化アカデミー卒業生2名による研究発表と大人の木育懇談会で、時間を忘れて大いに盛り上がりました!
2日目は生憎の雨模様でしたが、白樺樹皮を使った小物づくりに時を楽しみました。いつもとは違う場所で一泊4食を共にして、木育にどっぷり浸かることができた二日間でした。
(木育カフェの各内容については、来月と再来月に分けて詳しく紹介する予定です。)

■木育ファミリー総会 10:30〜 
■活動紹介「こんな木育やってます」
  日月 伸 会員(帯広)『しらかんばずかん』
  斎藤 文美 会員(札幌)『葉っぱのお弁当箱』
■交流会  12:00 ~ 
  恒例「木育スリーコイン・バーベキュー」むかわ産の食材バーベキュー

交流会ではむかわ産の新鮮でおいしい食材BBQと「絶品!むかわ米の白おにぎり」堪能しました。

3007_06.jpg

3007_07.jpg

■木育カフェ「白樺づくし」前半 13:00 ~15:30
  白樺樹皮の採取(講師:斎藤文美、香里 会員)
  自作のカップホルダーで味わう白樺樹液コーヒー
  オーナメント作り(講師:斎藤香里 会員)
  白樺クラフト展示

3007_08.jpg

■夕食 18:00 ~ 
  「樹液しゃぶしゃぶ」+「白樺トーチ」の演出付

3007_09.jpg

■木育的大人の時間 20:30 ~ 
 「むかわ木育トーク〜森林文化アカデミー卒業生を囲んで」、その他・・・

3007_10.jpg

■木育カフェ「白樺づくし」後半  7月1日(日)9:00 ~15:00
  アイヌ式シラカバの器(講師:煙山泰子 会員)
  星の白樺ブローチ(講師:斎藤香里 会員)

3007_11.jpg

「しらかんばずかん」誕生! -  2018.07.18 Wed

先日、木育ファミリー総会(6/30~7/1)に合わせて開催された木育カフェのテーマは「しらかばづくし」。

北海道を代表する樹木の一つである白樺は、木材や樹皮、樹液など「モノづくり」や「食」の素材としてもとても魅力的ですが、樹木としてのその生き様もまた、個性的で魅力いっぱいです。

そんな白樺の生き様をさまざまな角度から紹介し、生きている樹木としての白樺の魅力も感じてもらえたら。そんな思いで、木育カフェに合わせて「しらかんばずかん」をまとめて、参加者の皆さんにお配りしました。

3007_12.jpg

ずかんといっても、葉っぱやら、花やら、タネやら、白樺をさまざまなポイントごとに、写真とちょっとした文章で紹介している気軽な読み物です。

その「ずかん」の中身を、これから一年ほどかけて、毎月、1テーマ1ページずつこのブログで紹介させていただくことにしました。
ぜひ、気軽に、気長におつきあいください。

次回、8月のしらかんばずかんは、「しらかんばの葉」です。お楽しみに!


◆帯広の森はぐくーむ/木育マイスター 日月 伸


『葉っぱのお弁当箱』デビューする -  2018.06.19 Tue

6月初めの週末に、北海道森と緑の会主催の「木育ひろば」にお招き頂き、木製パズル作りのイベントを実施しました。
ヤマザクラやイチョウなどの木の葉の形をした木片を木枠に嵌め込んだパズルに手製の図鑑を見ながら自由に色付けして、もう一度組み上げるというものでした。塗料は、和信科学工業さんの木工製品のための、ガードラックという製品を使いました。多色で子供にも塗りやすく、色味の良い、乾いたあとの発色も鮮やかな逸品です。
体験資材として考案し、『葉っぱのお弁当箱』と名付けましたが、何人かの知人に試して貰ったほかは、今回初めてのイベントデビューでした。

3006_01.jpg

子供たちはどんな反応をするかしら? おとなの人もやってくれるかしら? ワクワクします。期待どおり、好奇心いっぱいの目に囲まれて始まりましたが、絵の具のビンを倒したり、付け過ぎて手や服をドロドロにしたりと、なかなかにぎやかな様子でした。初めて筆を握る子とお母さんの頷き合う眼差しも。子供たちって本当に色を選んだり塗ったりが好きなんだなぁって思いました。

3006_02.jpg

3006_03.jpg

さて、ここからがパズル遊びです。さっき自分で色付けして作り上げた10枚の葉っぱと2個のドングリを元あった木枠に収めるだけのこと。それも決まった形はなく、10人居れば10通りの完成にたどり着く不思議さ。中にはひとりで30通りの完成図を見せてくれた人まで居ました。(ずいぶん楽しみましたね?)
「このホオノキが大きすぎるんだよ」「わたしはイタヤカエデが入らない」
「カツドン(カツラのこと)はまれ!」
葉っぱの裏にある字を見ながら、ちゃんと名前も覚えてくれているようです。ところが最初入っていたはずの葉っぱは簡単には枠の中に納まってくれません。大きいのやデコボコのや長いのやら……。

3006_04.jpg

3006_05.jpg

「これ、ほんとうに入るのかい?」聞いたおとながいました。
「もちろん。必ず入りますよ」ニヤッとわらってうけ合いました。おとなはかえってむずかしいかも……。特別に頭を使って(よくよく考えて)入れようとするおとなの人が苦戦しているのを何度か見ているからです。
私たちはパズルのようなゲームをする時、何か必勝の法則があると考えがちです。この葉のギザギザとこの葉のカーブはぴったり合うように作られているに違いない、というように。角をキッチリつめて、すきまを作らないようにすれば上手くいくだろうと。
でも、まってください。そうした細部にとらわれて全体を見ていないことが、物事が円滑にいかない原因なのかも……。反対にこのパズルが得意な人たちもいます。でたらめに手を動かして、ものの5分であっという間に組み上げてしまいました。
「考えない。だって、入ればいいんでしょう。見たとたん、ああ、できるって思ったの」前者と後者はどう違うのでしょうか?
「直感みたいなものかな。私の場合、きっと感覚でやってるんだと思う」そう言ったのは日頃から五感を研ぎ澄ませている、芸術に携わっている人でした。私が必要だと感じたのは、こだわりをすてて、物事をさまざまな方向から考えなおすことのできる柔軟な姿勢でしょうか。どちらにしても、けっこう木育よりな感じになってきたかも?と、ウキウキしてしまいました。

3006_06.jpg

3006_07.jpg

子供もおとなも「できた、できない」と、わあわあ言い合いながら、楽しげにイベントは続いています。お弁当箱に詰まったそれぞれに個性的な葉っぱたちは、秋の林床のように、はなやかな広がりを見せて、目を楽しませてくれています。

3006_08.jpg

「神の意図は計り難し」という言葉が思い浮かびました。自然は人の意図の及ばぬ世界です。このパズルの面白さもそこにあるのかな?と言ったら、このパズルを考え出したわが夫をほめすぎかな?と首をひねりました。 


◆木育マイスター 齊藤 香里

平成30年度 総会と木育カフェのお知らせ -  2018.05.17 Thu

 日時:平成30年6月30日(土)〜7月1日(日)
 場所:勇払郡むかわ町穂別和泉「むかわ木育の学校」

今年度は、例年通りの総会、木育BBQに加え、午後からの木育カフェは宿泊付きで「白樺づくし」前半・後半を実施します。

201805_1.jpg

 ①木育ファミリー総会 10:30〜12:00  
 ②交流会        12:00~13:00
  恒例「木育スリーコイン・バーベキュー」
  むかわ産食材の野外バーベキュー、穂別米の白おにぎり、飲み物付
  参加費(大人1500円、こども500円)
 ③木育カフェ      13:00〜15:30 「白樺づくし」前半(1日目)
  参加費(無料)

「白樺樹皮の採取」
201805_2.jpg

「自作のカップホルダーで味わう白樺樹液コーヒー」
201805_3.jpg

「オーナメント作り」
201805_4.jpg

 ④夕食 「樹液しゃぶしゃぶ」+「白樺トーチ」の演出付き
 ⑤木育的大人の時間 「むかわ木育トーク〜森林文化アカデミー卒業生を囲んで」
 ⑥木育カフェ 9:00〜15:00 「白樺づくし」後半(2日目)

「アイヌ式シラカバの器」
201805_5.jpg


「星の白樺ブローチ」
201805_6.jpg

参加費(会員3000円、一般4000円、こども1000円)
 じっくりと白樺の恵みを楽しむ木育カフェ④〜⑥は、一泊3食付、講習費込(部分参加OK!)
 会員以外の方も歓迎です。是非この機会に、むかわ木育の学校へいらしてください。

※ 総会では平成30年度の年会費(当日入会可)を受け付けます。
  一般会員3000円、賛助会員5000円
  (木のタマゴまたは、オリジナルトートバックを毎年配布)

トートバッグ_R


■無料送迎バス
  札幌市北区北6条西3丁目 札幌駅北口「鐘の広場」集合 8:10出発 
  むかわ木育の学校15:30出発(17:30頃 札幌駅北口到着予定)

■お問い合わせ(一般参加申込):木育ファミリー事務局(KEM工房内)
  メール : family@mokuiku.net(なるべくメールでお願いします)
  電 話 : 011-855-5510(KEM工房内)



むかわ木育の学校「樹木をまるっと楽しもう」 -  2018.05.17 Thu

 5月12日は、むかわ町穂別の旧和泉小学校ではじまった木育企画 むかわ木育の学校「樹木をまるっと楽しもう」の1回目。樹木の幹や枝、葉っぱや樹皮など樹木をまるごと楽しむ企画を年間7回の予定で開催します。
主催は胆振総合振興局森林室ですが、むかわ町の木育マイスター草刈さんが企画運営しています。

20180501.jpg

1回目は、森の恵みのひとつキノコ!
コナラの木にはシイタケの植菌。そして、白樺を使ってナメコのサンドイッチ植菌です。講師にむかわ町の北上しいたけ園の北上さんをお迎えしてキノコ栽培の歴史などもお聞きしました。しいたけの名前も「しいたけ」と「しきたけ」でたたかいがあったとか、栽培方法についても興味深いお話が聞けました。

20180502.jpg

お話の後は、コナラの原木にドリルで穴あけして駒菌をトンカチで打ち込みます。みんな無心でたたいていました。

20180503.jpg

ナメコの植菌は森林室の木育主査が先生となり、白樺の丸太の間にナメコの菌床と米ぬかと広葉樹のオガコ、そして水を混ぜ合わせたものをサンドイッチしてガムテープで止めておきます。今回はこのまま仮伏せして木に菌がまわるまで置いておきます。

20180504.jpg

20180506.jpg

7月くらいに菌がまわったら、ガムテープを外して、パッカンと割り、土を掘って少し埋めて本伏せするそうです。しいたけの収穫は来年になりますが、ナメコは今年中に穫れる予定。楽しみ!

20180507.jpg

キノコ植菌の後は、みんなで北上しいたけ園のしいたけを使ってお味噌汁を作ってお昼ご飯。

20180509.jpg

20180510.jpg

午後からは、馬を使った森づくりについて隣町厚真町の木育マイスター西埜さんにお話ししてもらいました。

20180511.jpg

今回、告知の時間もほとんど取れず、参加は少人数でしたが、みなさんしいたけ栽培に興味津々で、さっそく実践したい!本伏せの時もぜひ参加したい!と、とっても意欲的でした。
私も和気あいあいとした雰囲気の中、楽しい時間が過ごせたのが嬉しかったです。
2回目は、DIY的でレイズドベッドづくり。5/27に開催します。
詳細は、胆振総合振興局森林室のホームページもご参照ください。
http://www.iburi.pref.hokkaido.lg.jp/sr/srs/mokuiku/mukawa_mokuikunogakko.htm

◆胆振総合振興局森林室 熊尾 美香

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリー

NEWS (3)
木育ファミリーの活動 (5)
あれも木育、これも木育 (2)
木育リレーエッセイ (4)
連載 (3)
広報活動 (1)
お問い合わせ (1)
未分類 (0)

リンク