topimage

旅は木育、世は情け(2/3回)おどろき桃の木編 -  2019.03.18 Mon

おどろき、桃の木、山椒の木、ブリキにタヌキに……。
この続きを知っていますか?「男はつらいよ」のトラさんでは、「ブリキにタヌキに蓄音機」。
私の好きなアニメの「ヤッターマン」では「洗濯機」。でも、私がこの地口を最初に覚えたアーサー・ランサム著「ツバメ号とアマゾン号」の大好きなナンシーの口癖では「陸蒸気」。
おかじょうきとは、蒸気機関車のことで明治の初め日本初の鉄道が開業し、当時はたいへんな評判となったのでこんな言葉が流行ったのだろう。「古い!」と夫に一蹴されてしまった。
ともあれ、今回はへんな木のはなし。

20190301.jpg

『ビランジュ』を見たのは三重の神社の境内だった。真ん中にでんとかまえたそいつは、木のくせに弁柄でお化粧したように艶めかしい朱色の肌をしていた。
「これはさ、別名バクチの木といって、なぜかというと定期的に脱皮するんだよ。ばくち打ちが負けて身ぐるみはがされてすってんてんになった様子になぞらえて、そんな名前がついたのさ」
案内してくれた人がそう言って皮がむけてツルツルになった幹を指さす。
「ほら、見てごらん。ここに樹皮をはぎ取った跡があるだろう? ばくち好きなやつが、お守りとして持っていくんだ」
見るとなるほど、幹に小さな四角い傷がついている。だけど、すってんてんになったお守りなんて持っていてどうするんだろう? 負けるのも嬉しいくらいギャンブル好きってこと? 気持ちが分からない……。
「実は他にもこの木をあがめてる人たちがいてね。誰だと思う? ……ストリッパーだよ」
これは分かる。脱いじゃうからね。でもいまどきストリッパーなんて職業、存在してるのかね? 思いながら赤い幹をつるっと撫でた。バクチの木が、「いやん」と言った……ということはなかった。でも帰りしな、石段の落ち葉で滑ってふわりと尻餅をついた。もしかして、からかわれたのかも。
「おさわりはダメよ」ってか? 
石段に手をついて、彼女を振りあおいだ。「また来るぜ」

20190302.jpg

別の神社でしめ縄のかかった『杉』の大木を見たとき、根本近くの幹に小さな長方形の切り込みがあるのに気づいた。ノブこそないが、まわりが二重になっていてまるでドアの桟みたい。
「何だろうこれ。小人さんのお家かな? 」夫の返事はにべもない。
「小人はお前だろ。そんな小さい足してるから、しょっちゅうころぶんだよ」
古木だったので多分お手入れに関係あるのだろうと思うが、この話に結論はない。

20190303.jpg

旅先で、とある方の家をお邪魔したとき、お庭に『黒柿』の木があった。黒柿は木の種類じゃなく、柿の木にタンニンがしみて、黒い模様ができるのだと教わった。
「黒柿は魔性の木だよ。切ってみるまでは中がどうなっているか分からない。だからすごい高値がつく、最高の孔雀杢を求めて、こんどこそと切っていく内に身代を潰すんだ」
見ると工房には体験用のコースターの材料がおいてあった。一組300円くらいだったと思う。その中になんと黒柿の材も混ざっていた。「なんでだか、みんな黒柿ばっかり使うんだよね」主人は首をかしげていた。
そりゃ、そうだろう。私だって、黒柿を選ぶ。でも、この家の主人は欲で身代を潰す心配はなさそうだな、と、少し安心した。

20190304.jpg

それから、『藪椿』の林に行ったときのこと。みんなあまりにも大木で、ほとんど花が見えず、しかたないので落ちている花でお花見をしたこと。でも幹がクネクネしていてモダンアートの作品みたいで面白かったこと。他にも話したい木のことはいっぱいあるが、また長くなってしまった。しょうがないので、あとは次回につづく、ということにする。次回は最終回。
もう少しだけ、お付き合いいただければ幸いである。

20190305.jpg



◆ようてい木育倶楽部/木育マイスター 斎藤 香里

しらかんばの「顔」 -  2019.03.18 Mon

「しらかんばずかん」3月号

木の枝とにらめっこしたこと ありますか?
よく見ると いろいろな木の枝でいろいろな顔に出会えます。
さる、ひつじ、アルパカ、ねこ、ピエロ、サンタクロース・・・
ひきしまった顔、ぼんやりした顔、とろんとした顔・・・
いろんな顔の いろんな表情

20190306.jpg

しらかんばの枝にも よーくよーく見ると顔があります
目をこらして じーっと見ていたら あどけない顔と目が合いました。

20190307.jpg


はい、虫めがねをもってしらかんばの顔に会いに出かけましょう。


◆帯広の森はぐくーむ/木育マイスター 日月 伸

旅は木育 世は情け(1/3回)荒浪越えて編 -  2019.02.20 Wed

私たち夫婦が勤め人を辞めて自由の身になってから、早いものでもう、4年近くになる。
その間、旅に要した日数は延べ60日を超える。
そもそも、職場との性格の不一致で退職した私に、「いいな、オレも退職したいな」という夫のお願いを即了したのは、私の大好きな旅に連れていって貰おうという企みがあってのことだった。
お願いをきいて貰った弱みからか、双方の利害が一致をみた結果なのか、かくして『辞めちゃった夫婦』は、車に寝袋やら削り馬やら一切合切詰め込んで、舞鶴行きのフェリーに乗り込んだ。
冬のフェリーは海が荒れるため、観光客に忌避されているらしい。トラック運送の運転手がわずかに乗っているだけ。シーズンには催されていた船上コンサートもなく、波に遊ぶカモメにカメラを向ける人も居ず、ただただ灰色の海原が広がっている。

3102_02.jpg

しけのためにまず、オープンデッキが閉鎖になり、まもなく浴場が使用できなくなって、とうとうレストランもクローズした。辛うじて開いていた売店で弁当を買い、ラウンジスペースで昼食を摂る。しかしそれさえもが大変だった。自分たちの寝台がある船室からラウンジまでの、さほど遠くない距離を歩くのが困難だったのだ。大きなうねりを受けて、まず右側の壁にぶつかり、少し行くと今度は左の壁に振られる。
「歩きにくいよ」と私が泣き言をいうと夫は考え込んでから、「地面に足をついている時間が長すぎるんだよ。もっと早く歩けば…。それよりスキップしたらいいんじゃない? 空中に浮いている時間が長くなるから」
そこで私たちは揺れる船の廊下で二人してスキップをした。
結果はそう、あなたが思っている通り…事態を悪化させただけだった。閑散とした船内に人目がなかったのがせめてもであろう。

3102_03.jpg

3102_04.jpg

そのほかにも数々のくだらない困難が私を待ち受けていた。
『木育の旅』と宣言して、「これは観光旅行じゃないから、観光名所には行かないよ」と言う夫に対し時々、
「せめてこれだけは見せて作戦」を敢行し、森や林から夫を無理やり引きはがし、夫の大きらいな人混み観光に身を投じたり、ハゼの木にかぶれて顔の半分をお岩のように腫らして見知らぬ町のお医者にかかったりもした。広島では広島弁全開の白バイ警官に一通違反を注意され、違反キップを切られるかと思ったが、はるばる遠い札幌ナンバーに免じて、「こんどだけは見逃してやるけん」と、往年の宍戸錠のように二本指を振って去って行く後ろ姿を感謝で見送ったのも今となってはいい思い出だ。
夫はいたって呑気かと思うとそうでもなく、大好きなはずの雑木林で顔色を失くし、梢を見上げたり、足元の落ち葉を拾い上げたりしながら、何やらブツブツつぶやいている。「ごめんなさい、ごめんなさい、ゆるしてください」
「どうしたの?」と聞けば、木の種類が見慣れた北海道のものと違い過ぎて分からないのだという。自分を取り巻いている木がどんなものか分からないので、気持ち悪くて仕方ないらしい。

3102_05.jpg

3102_06.jpg

私たちの住む北海道に自生する木は30種類ほど覚えていればそれなり当てはめられそうだが、それとは比べようもない程沢山の種類の木が自生している。
哀れな夫には旅先のツタヤでポケット版の樹木図鑑を買い与えて、「これをココロが乱れたときの、お守りにしなさいね」となだめておいた。
 
話が長くなったので今回はこれまで。
お話しが、まだぜんぜん木育らしくなっていませんが、大丈夫。次回からはちゃんと(少しは)木育らしい話題もでてきます。(の、予定)


◆ようてい木育倶楽部/木育マイスター 斎藤 香里

ダニ媒介「回帰熱」始末記(3)全3回 -  2019.01.17 Thu

■発症の始まりは倦怠感から
昨年の北海道の初夏は全く異常な天候で、ほぼ二月にわたって “お天道様” に見放された雨の多い肌寒い日々が続きました。6月10日の日曜日、ダニの咬傷を受けてからちょうど2週間後のこの日は、朝から青空が広がっていたのですが風は6月とは思えない冷たさです。この日は、朝から軽い倦怠感と何ともいえない不安感に襲われていました。発熱はないのですが、とにかくもやもやして不安でネガティブな思いが次々と沸き上がってきます。車で外出したのですが、通い慣れた道で信号の見間違いまで起こす始末。
明日の早朝、また120キロほど離れた平取町に戻らねばならない、やれやれ定年を過ぎても「月曜病」かと憂鬱な気持ちでその夜は早めに床に着いたのでした。
翌朝も風の冷たい晴天、5時半、しっかり着込んでバイクに跨がりました。実は定年を機にセカンドカーを手放したばかりで、この時、我が家には車は一台だけでした。この朝、空模様によっては車で帰るつもりだったのですが、結局、自宅に車を残してバイクで平取に戻ったことが後に大いに幸いしたのでした。

■激しい悪寒に襲われる
札幌から平取までの全行程の8割以上は高速や自動車専用道路を使用します。バイクで平取に戻った時には体は冷え切っていました。震えながら朝食をかけ込んで定時に出勤、体に貼り付けた懐炉もそのままに冬用の作業上着を着ながら仕事に就きました。昼過ぎ、事務所の郵便を出すため外に出ると厚い雲が空一面を覆って陰鬱な空模様です。悪寒が一段と強くなって、夕方、ついに年休を取って雨の中、歯をガチガチと鳴らしながら必死に徒歩で公宅に戻ります。激しい震えで鍵も一度で開けられないほどでした。布団を重ね重ねて上着を着たまま床の中に飛び込んで震えていたのですが、この場に及んでついにラインで女房にSOSを発信しました。
その後の記憶は定かではありませんが、屋根打つ激しい雨音の中でかすかに車の到着した気配は覚えています。解熱剤で熱が下がり湯気立つような寝床を離れてさっぱりとした布団の中でお粥を口にした時には本当に生きた心地がして鬼嫁が仏様にも感じました。それにしても、私が今朝車で平取に戻っていたら女房の到着はいつになっていたでしょう。本当に幸いでした。因みに女房到着時の体温は41.3度でした。

■札幌市立病院へ
発熱から二日後の6月13日、平取町立病院からの紹介状を携えて札幌市立病院感染症内科を訪れました。
予め電話連絡も受けていたのでしょう、担当の男性医師は直ちに診察を始めます。
まずは簡単な問診と触診の連続です。筋肉痛や神経麻痺の有無、眼球運動は正常か・・・明らかに「脳炎」を警戒していることが解ります。この後、採血、レントゲンとMRI検査を受けました。因みに血液の半分は原因特定のため「北海道立衛生研究所」に送られています。この後、診察室に戻ると再び問診と触診です。
問診では、ダニ咬傷以前の生活や体調の様子と変化から現在に至るまでの全般にわたって、どんな些細なことでもこと細かに聞かれました。そして医師はそれを丁寧にパソコンに打ち込んでいきます。
こうしているうちに、血液検査の報告が届きました。「脳炎」の可能性は極めて低いので、とりあえずボレリア菌に有効な抗生物質の点滴を受けることになったのです。点滴を受けながら今後の診察予定を決めて病院を後にする頃には、広い待合室から外来患者の姿はほとんど消えていました。
帰宅して間もなく、医師の指摘どおり再び意識が朦朧となるような高熱に襲われました。抗生剤とボレリア菌の激しいバトルなのでしょうが、解熱剤が効果的に効くので本当に助かりました。

■病名が特定される
札幌市立病院には三日間通院して点滴、そして抗生剤の服用は10日間に及びましたが、高熱は初日の夜のみで、後は高熱に見舞われることもなく平穏に過ごしました。
そしてちょうど薬の服用を終える頃ようやく衛生研から報告があり、ダニ媒介による「新興回帰熱(ボレリア ミヤモトイ)」と診断されたのでした。今後の研究用にとの要請を受けて、最後にもう一度血を提供して病院を後にしたのは、咬傷からほぼ一月近く経た6月の下旬、こうして私の「回帰熱騒動」は一件落着したのでした。

■追記
「回帰熱騒動」が終息する直後から二ヶ月間ほど、平熱が以前より明らかに0.4~0.5度ほど高い状態が続き、高めだった血糖値が低下するなど(全く予想外で)明らかに嬉しい変化が生じたのですが、ほどなくすっかり元に戻っていました。
そして11月上旬、恒例行事?のようにウルシかぶれに見舞われます。この4年間で3度の被害・・・今回は葉ではなく大木に巻き付いていた太いツルを切断する際に汁が手首に触れたようです。まさかツルでやられるとは想像もしていませんでした。幾日も続く痒みは回帰熱が懐かしくなるほど辛いものでしたが、今回は、毎年のように“ウルシに愛される”自分がつくづく情けなくなって精神的にもすっかり落ち込んでしまいました。

201901-2.jpg
ツタウルシの葉「三出複葉」と呼ばれる3枚葉が特徴

201901-3.png
昨年11月のウルシ被害

定年を迎えて休む間もなく再任用、下がる一方のモチベーションに合わせるかのような回帰熱感染とウルシかぶれ、そして頸椎の椎間板ヘルニアからくる手の痺れ・・・・体も心も疲れた平成30年はこうして過ぎ去って行きました。厄はしっかり落ちたでしょうか?
新しい年、本年が私にとっても皆様にとっても良い年になりますことを心から祈っています! 


◆日高振興局森林室平取事務所  種市 利彦

訂正:前回の連載(2)において、「ボレリア ミヤモトイ」発見の年を、1955年と間違ってお伝えしましたが、正しくは1995年です。お詫びして訂正します。

しらかんばの「点」 -  2019.01.17 Thu

「しらかんばずかん」1月号

201901-1.jpg

しらかんばの木材には、茶色い点や線の特徴的な模様があります。
これらは、かつて虫がとおった通り道。輪切りにすると点、縦に切ると線となって現れます。

しらかんばの木材は、身近なところではアイスクリームの棒や和菓子の楊枝、ヘラなどの材料として使われています。これらの製品でも、時々、茶色い模様が見られることがありますが、検品ではじかれるのか出会える確率はアイスの当たり棒よりもずっと低そうです。

もし見つけたら、それはそれでしらかんばが樹木として生きてきた証です。
(単なる模様ですので衛生的には問題ありませんよ)
当たり棒だと思って喜びましょう。


◆帯広の森はぐくーむ/木育マイスター 日月 伸

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

最新記事

カテゴリー

NEWS (4)
木育ファミリーの活動 (6)
あれも木育、これも木育 (2)
木育リレーエッセイ (11)
連載 (10)
広報活動 (1)
お問い合わせ (1)
未分類 (0)

リンク